FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーショップに要注意

カフェメニューは総じてカロリー高めです


実はカフェ系にはキケン要素が満載。


少ししか食べていないつもりでも、高脂肪で甘さもたっぷり、


結果的に高カロリーというメニューが多数潜んでいるかもしれません。


普段は節制しているのに、好きなカフェだからと自分を解禁しすぎてしまうと、


気をつけているつもりなのにいつまでも痩せないという結果を招いてしまうので、注意したいですよね。


高カロリーの 二大メニューは次の通りです。


デザートドリンク


ペストリー類


デザートドリンクとは、シェイクやフローズン系ドリンク(スターバックスのフラペチーノのような)のこと。


Mサイズで300kcal前後のものが多く、チョコレート系の素材が入ったものは400kcal近いものも。


糖分も高い上に、クリームやチョコレートなど油脂を含んだ素材が入っているので、


どうしてもカロリーアップしてしまいます。


暑い日にもヒンヤリ口当たりが良いからといっても、


ダイエットが気になる方には、軽い一食分にもなってしまうメニューのため、


毎日のように飲むというのはオススメできません。


また、コーヒーチェーンでお馴染みの、ケーキやペストリー類も要注意。


スコーン、マフィン、パイ、ドーナツなどは、どれも1個300kcal以上あります。


中でも定番メニューのシナモンロールは600kcal近いカロリーの場合もあるので、


お友達と半分こにして食べるなど、一度にたくさん食べ過ぎないよう注意したいですね。


そんなわけで、コーヒーチェーンでの休憩に甘いドリンクとペストリーのセットを常食してしまうと、


1回の飲食で600kcal越えと思いのほか高カロリー。


軽食のつもりで立ち寄ってついつい、というときにも気をつけたいですよね。


全般的に、高カロリーメニューを太らず食べるためには、


温野菜など野菜たっぷりの料理とあわせて注文することと、


一人前をシェアして食べるのがオススメ。


野菜は食物繊維を含むので、食事の前半に食べておくことで体脂肪になりにくくする効果が期待できますし、


シェアして食べる場合も1/2人前であれば大きな問題はありません。


また、どのメニューの場合も前後の食事で油脂を控えめにすることも良いでしょう。







しっとり新食感!!予約待ち必死の超低カロリーマフィン!イソフラボンたっぷり次世代神スイー...
スポンサーサイト

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。