FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴飲暴食をした翌日の昼食と夕食

胃もたれが落ち着いて食欲がわいてきても、食欲にまかせて食べたいものを食べてしまったら


リセットの意味がなくなってしまいます。


リセット日に注意しなくてはいけないのは、朝食の量が少ない、あるいは抜いたことで昼食と夕食で過食してしまい、


返って逆効果となってしまうこと。


リセット日は1日全体の摂取カロリーを抑えたいので、朝食の有無や量に関係なく、


昼食と夕食にも気を配らなくてはいけません。


とは言っても、空腹感に耐えながら食事を制限するのは辛いもの。


そんなときに効果的な食事法が、低カロリーなのに量をたくさん食べられるボリュメトリクスダイエットです。


さて、このボリュメトリクスダイエット。


近年アメリカで注目されているダイエット法で、エネルギー密度の低い食品を摂取する、という考え方によるものです。


エネルギー密度とは食品1g当りのエネルギー量(カロリー)のことで、これは、食品が含む水分量に大きく影響されます。


つまり、同じ重さの食品では、水分をたくさん含んでいるほうがカロリーが低くなる、ということです。


私たち人間は、甘いものを食べて血糖値が上がったときはもちろん、


お腹に食べ物がずっしりと詰まったときにも満腹感を実感することができるので、


「~kcal分のものを食べたからもう満腹だ」というよりも、


「~g食べたから満腹だ」というように、食べた重量で食事の満足感を得ることができます。


つまり、重量が少ないものよりも多いもののほうが満腹になりやすいと言えます。







【梨の王様】幸水(こうすい)シャリシャリ感がたまらない!3キロ1箱(6〜10個入り)
スポンサーサイト

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。