FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢いお酒の飲み方&おつまみを工夫しよう

アルコールは体内に入ると、肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドに変わります。


顔が赤くなったり、頭痛や吐き気などの原因物質です。


お酒を飲み始めたら、肝機能を活性化させる高たんぱく質の食品、肝臓の働きを助けるビタミン類を補いましょう。


脂っこい料理を控えめにすることで、膵臓や肝臓の負担が軽くなります。おつまみ次第でおいしいお酒が飲めるのです。


また、どうしても食べ過ぎてしまう人やダイエット中の人は特に、


調理法によるカロリーの大小(ex.揚げ物よりは焼物、煮物よりは蒸し物、


中華や洋食よりは和食、醤油味より塩味さらには酢の物などの酸味)といった方程式を頭に入れて堅実なおつまみ選びをしましょう。


翌日の胃の疲れも違って後悔に苛まれずにすみますよ。


(1)飲みすぎない


すすめられるとついつい飲みすぎてしまいますよね。お酒の席で断るというのは場の雰囲気を損ねかねません。


適量を過ぎたかなと思ったら、あまり好みでないお酒を頼んで飲むペースを落としてみるのはどうでしょう。


グラスが空いていなければ、すすめられる機会も少しは減るのでしょうか。


ストレートのアルコールは避け、水で割ったものや大きな氷が浮かんでいるものが時間を稼げますよ。


(2)食べながら飲む


お酒を飲み始めたら、アルコール分解に肝機能がフル回転。


肝機能の働きを助けるために、高たんぱく質、低脂肪、高ビタミンのおつまみを一緒に食べて、肝臓を守りましょう。


(3)休息日をとる


肝臓でアルコールを代謝するのに、お酒1合で約3時間かかります。


肝臓を休めるために、事前からしっかりスケジュール調整をして休息日を作り、健康体でおいしいお酒を飲みましょう。


(4)水分をとる


アルコール度の高いお酒を飲むときは、薄めて飲んだり、水分をとりながら飲みましょう。


チェイサー必須です。


さらに、飲んで帰ったらコップ1杯の水やアルコール代謝を助ける果糖の入った果物、ジュースをとりましょう。


翌朝にも体内の電解質バランスを整えるスポーツドリンクなどで体内の水分調整を行うことが大切です。


(5)すきっ腹に飲まない


“今日は宴会だからお昼は控える!”とか、忙しい仕事を片付けて“駆けつけ3杯!”なんてことをしている人はいませんか。


すきっ腹にいきなり飲むお酒は胃壁を痛め、お酒の吸収が早くなって悪酔いしたり、肝臓を痛める原因となります。


飲む前には、何かお腹に入れておきましょう。胃の粘膜の保護には、牛乳やチーズがベストです。


それが無理でも何も食べないよりはキャンディーやチョコレート一粒でも口に放り込んで、いざ出陣!







49%OFF!!3月度16t完売!!楽天ランキング★さけジャンル1位獲得!モンドセレクション金賞受賞しま...
スポンサーサイト

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。