FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をつけたいコレステロール

ダイエット向き食品と注目される一方で、「たまご=コレステロールが高い」と敬遠する人もいるようですね。


けれども、コレステロールは体内の生体膜の構成要素。


性ホルモン・副腎皮質ホルモンなどの原料で、ビタミンDを作り出す素でもあります。


血管の保護という重要な役割も持ち、体にとって重要な役割を担っているのです。


ですから摂取量が多すぎてもいけませんが、少なすぎても病気の原因となると最近明らかになっています。


ちなみに人の体が必要とするコレステロールのうち、食品由来は20~30%。大半は体内で合成しています。


たまごのようにコレステロール値の高い食品を食べたからといって、


すぐに体内のコレステロール値が上がるという事実もつかめていないのが現状です。


誤ったイメージを持たずに、適正量を保って正しくたまごを食べていきましょう。


ひとことにたまごといっても鶏卵以外のたまごもいろいろあります。


うこっけい卵は鶏卵よりエネルギーがやや高め。うずら卵は、5個と鶏卵1個がほぼ同じ栄養価になります。


ピータンは元々アヒルの卵を加工していましたが、現在では鶏卵やうずら卵をピータン風に製造する場合があります。


石灰や木炭などを練って卵殻に塗りつけてることによって、アルカリが徐々に卵内部に浸透してタンパク質が変成し、


卵白が褐色のゼリー状に固まり、卵黄は暗緑色になります。


ただしコレステロールが、他の種類、調理と比べて少し高めになります。


このように卵の種類、調理によって、コレステロール値も変わってきます。


相関関係は実証されてないとはいえ、病気へのハイリスクとされるコレステロール値も知識として入れておくことが賢明です。


するめいかのコレステロール値は270mg(100gあたり)という高値ですが、血中コレステロール値を抑制する働きをするタウリンも持ち合わせているので、


結果的にコレステロールがプラスマイナスゼロになっています。


このように、たまご(コレステロールの高い食品)もそれを抑える効果のある食品を組み合わせて食べるというのも賢い手です。


コレステロールを体外に排出する作用をもつ食物繊維


コレステロールの酸化を防ぐビタミンCやE、過酸化物質を分解するB


コレステロールを低下させるEPA、DHAを多く含む魚類


善玉コレステロールを増やす植物油


野菜や魚介類ならばほとんどのものがたまごとじ料理になりますよね。


これらの食品を上手に組み合わせて、ダイエット&血液サラサラを目指しましょう!







【西日本岡山】吉備高原の農家で生産されたお野菜15品セット■送料無料■翌日発送も出来ます!...
スポンサーサイト

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。