FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまごのダイエットへの取り入れ方

たまご入れがついてない冷蔵庫がないことから分かるように、たまごはとても愛され、古くから食べられてきました。


たまごはビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含んでいるという、最優良栄養食品。


しかもたんぱく質の栄養価をあらわす指標(プロテインスコア、アミノ酸スコア、ケミカルスコア)においては、食品の中でダントツトップの数値!


また殻が外気と遮断する役目をしているので保存がきき、安価なのも優れている点です。


たんぱく質不足が危惧されるダイエット中にも、良質のたんぱく質源となりますし、GI値が低いというのも大きな特徴。


まさにダイエットの強い味方ですね。


ちまたで耳にする「たまごダイエット」、1日に8~9個のかたゆで卵を主食として、


ご飯を食べずにグレープフルーツ・トマト・野菜サラダ・油抜きの肉などと組み合わせて2週間程度続けるという方法です。


その原理は、「たまごひとつを消費するカロリーは、たまごそのもののカロリーより多く、


消化しにくいので胃や腸の動きが大きくなる→ゆで卵を食べる度に体からエネルギーを放出する


→自分の脂肪を燃焼しなければたまごは消化できない→食べれば食べるほど痩せていく」です。


経験者によると、確かに体重は減少するけれども、肌が荒れ、たまご以外の食材指定も細かいので、


結局、途中で断念しリバウンドしてしまったという人も少なくないようです。


やはり主食はたまご単品に依存せず、栄養バランスの良いメニューを食べるべきですね。


では、どんな点に注意してたまごを上手に利用すればよいのでしょうか。


まずはたまごに含まれない栄養素ビタミンC、食物繊維の多い食品と組み合わせて食べることをお勧めします。


上手くダイエットに摂りいれるキーワードは“「たまご」+「運動」”。


たまごはバリン、ロイシン、イソロイシンといった脂肪を効率よく燃焼する必須アミノ酸を含んでいるので、


運動前にたまごを食べればダイエット効果倍増が期待できます。


その他、GI値が低い(腹持ちがいい)というメリットも存分に生かし、間食を控えるきっかけにしもよいのではないでしょうか。


また、たまごは栄養価や味だけでなく、一緒にあわせる料理をまろやかな味にしてくれる利点も持っています。


たまごは和洋中どんな料理にもあう上、ローカロリーな料理も簡単に作れますよ。


半熟たまごはドレッシング代わりにもなりますし、大根おろしやもずく酢につきもののうずら卵もなくてはならない存在です。







アルギットヨード卵30個入 海草ヨードがたっぷり入って、ミネラル・カルシウム・ビタミン・鉄分...
スポンサーサイト

トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。