FC2ブログ

乾物ダイエット

乾物とは、乾燥食品のことをいいます。


天日干しをして、水分を抜くことで、長期保存ができるようにするっていう、昔の人が開発した食品です。


乾物は、水分が抜けることによって、栄養素が凝縮され、さらには太陽の光で化学変化が起きて、栄養価がアップするんだそうです。


乾物の中で、ダイエットにいい食品として有名なのは寒天です。


それ以外にも、切干大根、干しわかめ、高野豆腐、かんぴょう、ひじきなどの乾物は、すべて低カロリーなうえに、


食物繊維、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。


便秘改善や生活習慣病の予防効果が期待できます。


生の食材とは別のパワーがある乾物は、きれい要素の宝庫。


旬の食材が太陽の光、風で栄養成分と旨味と香りをギュッと濃縮して「乾物」に生まれ変わるのです。


目に見えてカサは減るのに、見えないところで栄養密度がぐんと増えることに、やはり偉大な自然のパワーを感じます。


また、乾物は噛みごたえのある食材が多く、「よく噛む」ことで早食いを防止し


満腹感が得られるため、食べ過ぎやドカ食いを防止できます。


乾物は保存容器に水と一緒に入れた状態で冷蔵庫にストックしておくと、


すぐに使用できとても便利です。カロリーが低い食材が多く保存がきくので


忙しい方でも常備しておき、賢くダイエットに活用していきましょう。


ひじき


・鉄分やマグネシウムなどの現代人に不足しがちなミネラルを多く含む食材です。


ビタミンB2も多く含まれているため栄養素の代謝に役立ちます。


寒天


・寒天は「てんぐさ」の加工品で食物繊維が豊富な食材です。


糸寒天はお味噌汁の具やサラダや酢の物にも便利な食材です。


切り干し大根


・切り干し大根には、カルシウム、ビタミンB1、B2、鉄分、食物繊維などの


栄養素がぎっしり詰まった食材です。


干し椎茸


・生の椎茸に比べると、干し椎茸のビタミンDの含有量は生椎茸の10倍です。


ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を助ける役目があります。


高野豆腐


高野豆腐は消化がよく、タンパク質や脂質、ビタミンE、K、カルシウム、亜鉛


食物繊維を多く含む食材です。イソフラボンや鉄分など女性には嬉しい成分の


含有量も高い食材です。


日本人は、野菜や雑穀などで生きぬける節約型の遺伝子を持ちます。


だから、現在のように精製度が高い穀物、加工品、油ものや肉や大量の乳製品などを食べる食生活では太るんです。


私たちの体に合う、食事を氣にかけること、長くつながっている祖先からのメッセージを受け継ぎながら、未来に生かしたいですね。







トータル12000個突破ッ!!今お使いのシイタケに満足していますか?大分産原木しいたけしいたけ好...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント