FC2ブログ

発酵食品

発酵とは、ある物質が菌や酵母といった微生物の働きによって有益な方向へ変化する現象のことをいいます。


つまり、発酵で働く微生物とは、物を腐らせる腐敗菌とは別のものであって、


食品が発酵する時に変化する臭いや形状は、決して腐っているわけではありません。


「発酵食品」とは、微生物の力によって、もとの食材にはない美味しさや、有効成分を加えて栄養価を高くしたもの。


例えば、牛乳を乳酸機によって発酵させたチーズや、大豆を納豆菌によって発酵させた納豆などは、


素材が本来もっていない風味と栄養成分を数多く含んでいます。


発酵食品には、脂肪の合成を抑え、脂肪細胞に脂肪をたまりにくくさせる効果のある必須アミノ酸や、


エネルギーの代謝に不可欠なビタミンB群が多く含まれています。


ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、便秘を防ぎます。


ヨーグルト以外にも「プロバイオティクス」という総称をもつ菌は、


さまざまな発酵食品に含まれていて、腸で働き、人体に良い効果をもたらします。


発酵食品には酵素が豊富に含まれているので、代謝があがり、余分な脂肪を排出しやすくするのに役立ちます。


納豆は納豆菌の働きにより、独自の成分「ナットウキナーゼ」が生まれて血液の流れを良くし、


ネバネバ成分の「ポリグルタミン酸」はお肌の潤い保持に効果があります。


ヨーグルトは、酵素の働きにより牛乳に比べてカルシウムの吸収率が高まります。


食品中に含まれる抗酸化物質(ビタミンC、カロチン、カテキン、フラボノイド など)は、


生の状態では細胞内で強く結合しているため、十分な働きができないといわれています。


しかし、発酵過程で種々の酵素が働くことにより、この結合がとれて効率よく抽出され、


非常に強い抗酸化作用を持つことが知られています。


微生物の働きにより、発酵食品は独特の風味が増加します。


発酵すると、グルタミン酸などの旨み成分が増加。普段、調味料として欠かせない醤油や味噌も発酵が生み出した味、


香りなので、料理の中で上手に使ってバリエーションを増やしましょう。


発酵作用のある微生物には、ほかの微生物の繁殖をおさえる作用があります。


この作用によって、腐敗菌の繁殖がある程度おさえられるので、生の状態の食品よりも長い期間保存することが可能です。


発酵食品は、色々な種類のものを少しずつ毎日食べ続けることが、健康にもダイエットにも効果的です。


以下は発酵食品の種類と主な効能になりますので参考に!


・コレステロールの抑制作用:味噌、ヨーグルト


・脂肪の吸収を抑制:酢


・代謝アップ:鰹節


・整腸作用:納豆、漬物、キムチ、漬物、ヨーグルト、塩麹


・抗酸化作用(アンチエイジング):納豆、醤油


・骨粗しょう症予防:納豆、テンペ、チーズ、ヨーグルト


発酵食品のパワーを上手に活用し、毎日継続して食べることで、


健康・ダイエット・美容に嬉しい効果が期待できるでしょう!







機械に頼らず、手作りで3日かけて育てました。旨みを引き出す酵素の塊!マルタの米麹です。新鮮...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント