FC2ブログ

水分を減らすだけのダイエットで血はドロドロ!

一部のエステなどでは、初期のアプローチで水分を摂らせない、


または排出するだけの方法ですぐに体重を減らし、


客を喜ばせるというテクニックが使われていると聞きます。


また、ダイエット補助食品によっては、脂肪減少を謳いつつ、


実は体の水分を排出させる物質が多量に含まれているだけのものもあります。


体重のおよそ60パーセントが血液を含む水分と言われており、


すなわち体重が60キロならばその半分(30キロ)以上が水ということになります。


もちろん減ったのは脂肪ではないので、水分を摂ればすぐに元に戻りますし、


水分を摂らないうちは、体は水分不足でカラカラ、


つまり、血液がドロドロの状態のわけです。


減った体重が水分であることを説明しないのであれば、


そのようなエステサロンやダイエット補助食品は悪質であるといってもよいでしょう。


体重だけを3日で2キロ減らすことはそう難しくはありません。


3日間水やお茶などの水分を摂らない、だたそれだけで達成できます。


また、上記のような利尿作用が強いダイエット補助食品を摂ればこれまた体重は減るでしょうし、


ついでに食事量を減らせば、体重はさらに減ることになります。


なぜ、このようなことが起るのか?


それは、私たちの体は、毎日2リットル以上の水分の出し入れを行なっているからです。


なので、入口の水を抑えるか、利尿作用が強いものを食べさせて出口の水を増やし水分の出納バランスをこわせば、


簡単に数キロ単位の(見かけの)体重減が可能なのです。


また、正しいダイエットを「脂肪を減らすダイエット」と考えた場合、


体脂肪率をダイエットの目安にしている人も多いことと思います。


しかしその体脂肪率に関しても、あくまで”率”である以上、


身体の大部分を占める水分量との割合であるわけで、


この水にまつわる知識を深めることはダイエットを理解する上でとても大切なことなのです。


水分補給が目的であれば、素直に水を飲むのが一番!


アンチエイジングを考える上でも、きちんと老廃物を排出することはとても大切です。


1リットル以上の水を毎日飲んで、攻めの水分補給を心がけましょう!


運動などで汗を流す場合は、さらに多めの水を飲むことをお忘れなく!


水、緑茶、ウーロン茶、ブラックコーヒー、麦茶などで、


そうすることで、体に有用なミネラルやポリフェノールの補給にも役に立ちます。


清涼飲料水にもカロリーゼロ(100mlあたり5kcal未満)などの超低カロリー飲料も存在しますが、


人工甘味料など味覚を撹乱する物質も含まれていますので、それらの摂取は控えましょう!


糖をたくさん含んだジュース類、脂肪をたくさん含んだ乳製品などで喉の渇きをいやすなら、


せめて量に制限をかけましょう。缶なら1日1本、コップなら2杯まで。


この程度であれば、ダイエットに大きな影響は与えないと思われます。


以上、ダイエット成功と失敗の分水嶺、水分補給は賢く行ないましょう!!







1缶あたり50円(税込) 合計¥1900以上送料無料!神戸居留地 無糖ブラックコーヒー 190ml 30缶 ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント