FC2ブログ

食べすぎ翌日の食品

食べ過ぎてしまったら翌日に急に太るわけではありませんがすぐに対応したほうが効果はあがります。


効果を発揮するのは野菜とひかえめの主食と水分の3点セットです。


代謝アップのためにも毎日摂りたいビタミンミネラルが豊富に含まれるのは野菜。


イモ類も含めて1日350g程度を食べましょう。野菜100gの目安は、ジャガ芋なら1個、ほうれん草なら5~6株程度です。


献立の工夫として、ほうれん草のお浸しを小鉢で添えたり、茹でたブロッコリーをいくつか付け合せるなどして、


料理にして1日小鉢4皿程度を食べるのが目安です。


調理方法は飽きないよう組み合わせて、サラダや煮物、炒め物や浅漬け、ナムル風にしたり


味噌汁にたっぷり入れるのもよいです。


素材もきのこ類、葉物、根菜などバリエーションをつければ2日間の食事も飽きずに快適です。


ご飯やパンなどの主食。これは身体の機能を円滑にして代謝を正常に保つために必要な栄養素のある食品が欠かせません。


全く主食なしでは炭水化物が不足してカラダがだるく感じたり、


余計に甘いものが食べたくなったりすることもあり逆効果です。


ご飯の他に、ドイツパンやフランスパン、ベーグルは良いでしょう。


その他にも茹でたジャガイモはビタミンや食物繊維が豊富な炭水化物として食べたい素材。


電子レンジで加熱しても良いですね。


主食として料理に添えて食べましょう。


食事とともに水分を忘れないようにしてください。


いつもより多めに水分をとることで排出も代謝もスムーズになります。


ただし甘い飲み物でのカロリーの摂りすぎには注意。お茶か水にしましょう。







ドイツ伝統の製法・天然酵母でマイスターが手作りする本格ドイツパンドイツパンお試しセット(3...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント