FC2ブログ

リバウンド

リバウンドの原因は、スバリ、ダイエットの急ぎすぎ。


人の身体には、命を維持するために臨機応変に適応する能力があり、生体恒常性機能と呼ばれています。


リバウンドは、身体がダイエットを命の危険と判断してしまったために引き起こされた、過剰な食欲や代謝の低下が原因だとも言えます。


ダイエットで筋肉量が減って体脂肪率が上がった場合、前と同じ量を食べても太るような気がする、というのは「気のせい」ではなく事実です!


また、リバウンドするたびに基礎代謝が落ちて、太りやすい体質に近づくともいわれています。


そんな恐ろしい状態は、避けたいですよね。


ダイエットの基本は、食べるものから摂るカロリーよりも使うカロリーを多くすること。


でも、極端な減らしすぎは避けましょう。


最低限必要なカロリーの目安「基礎代謝量」を下回る食事量を続けると、リバウンドしやすくなるといわれています。


また、食事制限だけのダイエットではどうしても限界があります。


基礎代謝以上の食事をとりながら、運動でカロリー消費を増やすことは、リバウンド防止に大きな効果があります。


急激な体重減少が起こると、身体は生命の危機と判断してしまいます。


体重の5%以上を1ヶ月以内に減らすと、リバウンドを引き起こす可能性が高くなるとも言われているので。


1ヶ月2~2.5kg減程度のゆっくりしたスピードで、数ヶ月の継続を目安にダイエットしましょう。


食欲のメカニズムは非常に複雑なのですが、食欲は脳(交感神経、自立神経の一部)がコントロールしている事がわかっています。


交感神経には満腹中枢、副交感神経には摂食中枢)があります。


空腹で血糖値や脂肪酸濃度が下がればそれが視床下部に伝わり、空腹と感じて食欲を起こすという仕組みになっているわけです。


さらに、食べものなどの情報が入ることでも食欲をわかせたり、


視界や嗅覚から入る複数の情報を視床下部で総合的にまとめて大脳へと伝達していきます。


常に心が満たされないストレス状態が長引くと、空腹や満腹の感覚が麻痺して過食してしまい、リバウンドの危険性が高まるといわれています。


特に、「○○だけダイエット」や「○○抜きダイエット」など、単品の食品に頼る方法を長期間続けると、


ストレスが高まってリバウンドにつながりやすいので注意!


時々は好きなものを食べて息抜きしつつ、バランスの良い食事と適度な運動を心がけることが、結局は一番確実で早く痩せられる方法なのです。







【送料無料】確実に痩せてリバウンドしない晩ごはんダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント