FC2ブログ

食べてもヤセる?

ダイエットを意識し始めたとき、たいていは食事の量を考え一日2食や1食にする人は多いですよね。


でもこれが、減らない体重の元凶!!


食事は1-2回にまとめて摂取した時のほうが、3回以上の食事に分けた時より太りやすいと言われています。


これは、空腹状態が続くと、次に食事を摂ったときに、体が栄養源に反応し、


摂取エネルギーを脂肪として蓄えやすくなるから。


なので、太らなければならないお相撲さんは、お腹を空かせて、一日2回の食事をガッツリ食べるそうです。


そうすることで、つまり太らせるのだとか。


一方、歌舞伎役者の海老蔵やタレントの叶姉妹は、食事の回数を増やして


太らないようにしているとTVで話しているのを見たことがあります。


そしてもう一つ!! 実は、食事を摂ることで、カロリーが消費されるということをアナタはご存知ですか?


食事の回数を増やしたほうが摂取カロリーが控えられるとお伝えしましたが、


食事回数を多くしても、摂取エネルギーは通常と同じに保たねばなりません。


つまり、3回の食事を5-6回に分けるのであれば、すべてを通常と同じ食事量にするのではなく、


2-3回は軽食(間食)として摂取し、残りの2回を満足が得られる食事の量にしてください。


そして、食事の回数を増やすことはエネルギー摂取を抑えるだけでなく、エネルギーを消費するコツでもあるのです。


食後に身体が熱くなったり、汗をかくことってありますよね。


この熱生産のことを『食事誘導性熱代謝』と言って、食事によるエネルギーが消費を指します。


つまり、『食事することで、どんどんカロリーを消費する』ということ。


一日2回の食事では、この”食事誘導性熱代謝”が2回行われ、一日5回の食事では5回行われるということ。


一目瞭然の差です。


ダイエット時の正しい食事方法を実践して、ガマンしないダイエットを楽しんでください。







川口駅前のベトナム料理An Gi?(アンジー)よりフォーと生春巻きのセット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント