FC2ブログ

外食ランチのコツ

仕事の合間に食べる仲間や友人とのランチに、休日の外出時の食事。


日常的に外で食べるお昼の回数は、意外に多いものです。


ランチのバリエーションといえば、和食にパスタ、お蕎麦屋さんにカフェ、


時にはイタリアンやビストロにも行くし、中華やお鮨も……と様々な選択肢がありますが、


ダイエットが気になる人は、制約なく自由にお店選びというわけにもいかない場合も多いでしょう。


最近ではカロリー表示をするお店も増えてきたものの、まだまだ大手チェーンなどが中心。


街で食事をとる時も、どんなメニューを選んだらより安心なのか、ダイエッターなら知っておきたいです。


店によって料理の作り方は様々なので、細かなカロリー計算は現実的には難しいですが、


ダイエット中でも比較的安心なメニューと、できれば避けたいメニューとを、傾向別に分けることは可能です!


日常の外食の中でも、比較的安心できるメニューはあります。


ご飯を中心にした食事は、比較的安心。ご飯の量が普通茶碗1杯なら、


シンプルな魚料理の定食で500kcal以内、肉料理でも600kcal程度に収める事がおおよそ可能。


刺身定食……素材のみなので、低カロリー。



焼き魚・煮魚定食……魚種にもよりますが、比較的カロリー控えめ。骨があるおかげでゆっくり食べられる。



肉系の定食……生姜焼きなどは、量が多すぎなければ。


※注意


鶏のから揚げ定食、天ぷら定食などの揚げ物は高カロリー。


また魚料理の中でもサバ、ブリ、サンマ、ウナギ、銀ダラは魚種そのものが高カロリー。


1人前のカロリー差も、低カロリーの白身魚と脂の乗った魚種では80kcal~200kcalも違います。


蕎麦・うどん系


ざる、もり、かけ……カロリーは最も低い。反面お腹がすくのも早い。



月見、きつね……たんぱく質の具があるのでお腹の保ちも良いので。



山菜、おろし、なめこ、……カロリー控えめなので、ダイエット中はオススメ。



丼もの……親子丼、玉子丼であれば○


※注意


天ぷらや天カスが乗ったものは、高カロリー。


お店によっては揚げ物トッピングが麺1人前と同じくらい、つまり麺2玉分のカロリーがあるところも!


お鮨


標準的なお鮨なら、1カンの平均が50kcal程度。


8個食べれば400kcal。いろいろなネタを食べても1人前なら500kcal程度で安心です。


ただし量の食べすぎと、トロやウニや玉子焼きなどカロリーの高い種類に偏らないように注意が必要。


ちらし鮨とにぎり鮨では、にぎりの方が1人前のカロリーは控えめな傾向にあります。


エスニック


女性に人気があって意外にオススメな、エスニック。


タイ料理やベトナム料理、インド料理など。タイ風カレーや炒め物など、


野菜が多いメニューとご飯の組み合わせは、カロリーも控えめな上栄養バランスも良いです。


ただしインド料理のナンは油脂が多めなので、食べすぎないように。







タイ政府お墨付き!タイスキ鍋のセットクンテープの秘伝のタイスキのタレとオリジナル団子セッ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント