FC2ブログ

赤身肉ダイエット

古くは、オードリー・ヘプバーンが試みた赤身肉ダイエット。


プチデブだった彼女は、赤身の生肉を食べ続け「ローマの休日」の主役を射止めました。


一方、杉本彩さんの場合は、老化防止とダイエットを兼ねて赤身牛肉を常食しています。


Lカルニチンと言う成分が、脂肪を燃やすと言われています。


赤身肉に豊富に含まれる L-カルニチンの働きは、良いことづくめといっても過言ではありません。


人体の中で主に筋肉細胞中に存在するカルニチンは、エネルギー代謝に関係する物質です。


しかし、筋肉中のカルニチンは年を取るとともに減少していきます。


100歳を超える高齢者には血中のカルニチン濃度が高いことが知られており、


カルニチンを含む食品を積極的に摂取することで健康に美しい身体を作り続けていけることが大きく期待できるのです。


ヘルシーな鶏肉にはほかの肉と違って、この成分がごく少量入っているだけなのです。


カルニチンが多く含まれる食材は、多い順に挙げるとヤギ、仔羊、牛肉、豚肉、鶏肉…と、肉類の中では牛肉が上位にランクインしています。


ヘルシーな鶏肉にはほかの肉と違って、この成分がごく少量入っているだけなのです。


しかも、牛肉のカルニチン含有量は豚肉の3倍以上。お肉の中でも牛肉の赤身を摂るのがいいわけが、証明されました。


因みに、肉類以外では、マグロ、鮭、ヨーグルト、牛乳、ブロッコリー、アボカドという順に含有量の多いカルニチン。


牛肉と合わせて食べれば、美容効果倍増です。


せっかく、美容効果の高い赤身肉。どうせなら、より効果的に摂取したいものです。


例えば、オードリー・ヘプバーンがトライしたような、生肉のタルタルステーキ。


生肉には酵素が生きていますから、体内に摂り入れることで消化力が増し、血液サラサラ、エネルギーの燃焼力もアップする効果を期待できます。


生肉には抵抗があるという人でも、薬味を上手く利用して酵素を補う方法があります。


すりおろした生姜やニンニクを合わせて、おいしく赤身肉をいただきましょう。


体を元気に動かして、積極的に家事をするなどでもいい運動になりますよ。


 







〓2222円〓焼肉用・特選和牛極上霜降ロース500gうまい赤身肉ならこれ!!適度な霜降で美味
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント