FC2ブログ

もちのカロリーと太る原因

「もち=太る」というイメージが強いですよね!?

でも、「せっかくの正月だから……」と、ついつい食べてしまう人も多いのでは??

日本では昔から、鏡餅を「神様へのお供え物」として用意する風習があります。

また、雑煮を正月に食べるという風習も、江戸時代から続いてします。

日本の伝統的な風習なのですから、正月くらいはお餅を食べたいところですが、本当に餅は太るのでしょうか。

餅のカロリー

西日本は丸餅、東日本は角餅が多く食べられているように、餅の形や大きさが地域によって違います。

そのため、餅1つ当たりのカロリーは大きさによって違いがあります

餅のカロリーとご飯のカロリーを比較したものですが、

切り餅・丸餅ともに市販されている餅のサイズを参考にして表示しています。

 

切り餅1個(50g)当たりのカロリー 118kcal ご飯1膳(150kcal)当たりのカロリー 252kcal

丸餅1個(35g)当たりのカロリー 83kcal コンビニオニギリのご飯(120g)のカロリー 202kcal

お餅2個 < ご飯1膳 なので、お餅2個ならば、ご飯1膳よりもカロリーは少なくなります。

お餅は1度の食事でいくつ食べますか??

2個以上食べてしまう人は、主食のカロリーだけをみると、カロリーオーバーになっています。

お餅が太るというイメージが強いのは、お餅をついつい食べ過ぎてしまうことが原因でしょう。

お正月は、お餅をお雑煮で食べる人が多いと思います。

お雑煮も地域や家庭によって、入れる具材に大きく違いがあると思います。

野菜はカロリーが高くありませんが、お肉やかまぼこ、魚、イモ類などはカロリーが若干高めなので注意が必要です。

また、お餅はあんこやきなこなどの甘いものとからめて食べたりしますよね!?

甘いあんこやきなこは、決してカロリーは低くありませんので、食べすぎに注意が必要でしょう。

きなこ自体は甘みがなく、カロリーも高くありませんが、実際に餅にからめる場合には、砂糖を交ぜますよね!?

砂糖の割合が「少ないほど、カロリーが低くなります。

ちなみに、きなこは大さじ1(7g)で7kcalなのに対し、砂糖は大さじ1(9g)で35kcalもあるんです。

もちの個数も大切ですが、一緒に組み合わせるもののカロリーを意識する必要があるでしょう。

お餅は腹持ちが良いから間食防止に◎

お餅は食べすぎにさえ気をつければ高カロリーにはなりませんし、決して太る食品ではありません。

腹持ちが良いので、空腹感を感じにくく、間食を防ぐこともできます。

みなさんご存知のように、お餅はもち米からできています。

もち米は、ご飯(うるち米)に比べて粘り気が強いですよね!?

この粘り気が腹持ちを良くする秘密です。

アミロペクチンという粘り成分が、もち米には多く含まれているんです。

このアミロペクチンの粘り気は、消化酵素で分解されにくいため、消化に時間がかかります。

そのため、空腹感を感じにくいのです

お正月太りの原因と思われがちなお餅ですが、お餅自体には問題はありません。

お餅を食べ過ぎてしまうことや、お正月に体をあまり動かさないこと、お正月は食生活が乱れやすいことなどが原因でしょう。



11月初旬発送開始無農薬無添加杵搗き玄米まるもち500g(約12個)1215more10
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント