FC2ブログ

クリスマス太りを防ぐために知っておきたいケーキのカロリー

クリスマスと言えば、やっぱりクリスマスケーキ!

お店ではたくさんのケーキが売られていて、見ているだけでも楽しくなってしまうのでは!?

……でも気になるのはやっぱりケーキのカロリー……。

「クリスマスぐらい……」と思いたいところですが、やっぱり気になってしまいますよね。

クリスマスの食事はチキンやピザ、ローストビーフなどの高カロリーメニューが並びますから、

ケーキだけでもカロリーを抑えておきたいところ。

ケーキと一言で言っても種類はたくさんありますから、カロリーだって違います。

ケーキの種類ごとのカロリーやカロリーを抑えるポイントをチェックしていきましょう。

ケーキは種類によってカロリーが違います。生クリームがたくさん使われているとか、

ベイクドチーズケーキのようにずっしりとつまっているとか、チョコレートがたっぷり使われているとか……

使われている素材で大きくカロリーが異なります。

ケーキの定番、ショートケーキに使われているスポンジケーキ自体は一人分約130kcal(100g当たり298kcal)なので、

それほど高カロリーではないのです。

また、デコレーションのないシンプルなロールケーキは、クリームの使用が少ない分、カロリーが控えめな印象を受けます。

チョコレートを使っているものは比較的カロリー高め!?

お店やケーキのサイズによってケーキのカロリーは異なってきますが、

全体的に言えるのは、チョコ系のケーキはカロリーが高めだということ!

チョコレート自体もカロリーが高いのですが、さらにバターや生クリーム、キャラメルソースなどの高カロリーの素材が使われているのですから、

他のケーキに比べてもカロリーが高めになってしまうのも納得です。

ちなみに、「ショコラキャラメル」「キャラメルチョコレートケーキ」など、

チョコレートとキャラメルが使われたケーキが多くありますが、実はダイエッターには要注意です!

キャラメルソースは生クリームや砂糖などからできているので、チョコレートと並んで高カロリーなんです。

チョコレートやキャラメルソースを使ったケーキは、苺やフルーツたっぷりのケーキに比べてシックで大人っぽいデザインのものが多く、

すごく惹かれますが、高カロリーなのでダイエット中は注意が必要です。

最近は豆乳やおから、米粉を使ったヘルシーケーキが多く販売されています。お豆腐やさんのスイーツも人気を集めています。

豆乳で作ったクリームは、生クリームよりも軽く、後味がさっぱりとしています。

豆乳独特の風味はほとんど感じられないので、豆乳が苦手な人でも美味しくいただけます!

ここでは市販のケーキについて触れてきましたが、安心して食べられるヘルシーケーキを手作りするのも良いですね!?



人気のパウンドケーキがどっさり山盛り1kg!しっとり豆乳チーズパウンドケーキ1kg (送料700円...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント