FC2ブログ

朝カレー、スパイスの驚くべきダイエット効果

朝食抜き・朝食しっかりの健康やダイエットへの効果は賛否両論ありますが、朝食にカレーライスを食べるダイエットが話題となっています。

テレビ番組の中で、朝カレーダイエットに挑戦した芸能人が、実際に20kgの減量を成功していることもあり、やはり気になっている人も多いと思います。

リバウンドしない朝カレーダイエットの方法や効果についてまとめてみました。

朝カレーダイエットの方法

朝カレーダイエットのルールは下記の通り。簡単なダイエット法です。

朝食は毎日カレーライスを食べる(カレールー・ご飯ともに200gが目安)

昼と夜は腹八分目ならば、好きなものを食べてOK!

毎日カレーを用意するのが大変な場合は、スープや味噌汁などにカレー粉を入れて代用しても良いとされています。

また、市販のカレールーやレトルトカレーを利用しても良いようです。

昼と夜の食事は制限がありませんが、腹八分目でやめておくことがポイント。

ビールやお酒が好きな人は1~2杯なら飲んでも良いというのですから、ストレスを感じにくく、続けやすいダイエット法と言えるでしょう。

カレーに含まれているスパイスにダイエット効果が!?

カレーには、ダイエット効果だけでなく、健康や美容にも効果が期待できるスパイスが多数含まれています。

唐辛子やターメリックには脂肪を分解して、燃焼しやすくしてくれる効果が期待できます。ガラムマサラは血行を促進して新陳代謝を高めてくれます。

また、カレーに含まれているカルダモン・オールスパイス・クローブなどのスパイスは、交感神経の働きを高めてくれるので、代謝が高める効果が期待できます。

ご飯を食べても大丈夫?

カレーは決してカロリーの低い食品ではありません。

そのため、ダイエット中はカレールーに加えて、ご飯を食べることに抵抗を覚える人もいるかもしれません。

しかし、ご飯をカレーと一緒に摂取することで、カレーが代謝を高め、

すぐにご飯の糖質がエネルギーとして利用されるので、ダイエット中でも心配ないようです。

ダイエットをサポートする具材をプラス!

カレーの具として、一般的なのは、肉・タマネギ・ニンジン・ジャガイモでしょうか。

ダイエットが成功するために、おススメの具材にレンコンと豚肉があります。

レンコン

レンコンには、食物繊維が豊富に含まれていて、ダイエットの大敵でもある便秘を予防・改善する効果が期待できます。

また、歯ごたえがあり、自然に咀嚼回数が増えるので、満腹感を得やすくしてくれます。

豚肉

豚肉には糖質代謝に関与しているビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1が不足すると、摂取した糖質をエネルギーとして使用することができません。

ビーフカレー派もチキンカレー派もいるかもしれませんが、ぜひポークカレーも試してみてください。

さらに効果を高めるには!?

朝カレーダイエットの効果をさらに高めたいという人は、運動をプラスすると良いでしょう。

また、こんにゃく米を白米に混ぜることで、ご飯のカロリーを抑えることができます。

ストレスが少なく、続けやすい朝カレーダイエット。ぜひ試してみてくださいね。



1,500円ポッキリ!48%OFF!お試しセット!送料無料でインドカリーをお取り寄せ!訳ありでもな...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント