FC2ブログ

夜遅く食べると太る4つの理由

「夜遅い時間に食べると太る」というのは、ダイエッターの常識となっていますが、

同じカロリーを摂取していても、食べる時間が遅いだけで太ってしまうのはなぜなのでしょう?

また、「寝る前に食べると太る」と言いますが、遅い時間に食べてしまった場合には、眠る時間を遅くすれば太らないのでしょうか。

夜食

夜遅く食べると太る理由は一つではない!

夜遅く食べると太る理由として、「摂取したカロリーを消費できない」ということが一般的に知られています。

遅い時間に食べて、すぐに寝てしまうと、エネルギーが消費されずに余ってしまうので、太るとされているのです。

しかし、夜遅く食べて太る理由はこれだけではないのです。

夜遅くに食べると太る主な理由を4つだけご紹介します。

理由1:自律神経の働き

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、交感神経は体を活動しやすいように働き、副交感神経は体をリラックスさせて休めるように働きます。

夜遅い時間や睡眠時は、体を休めるための副交感神経が優位となっています。

自律神経は、交感神経が優位となって活動しやすい状態になっている時には、代謝を促進するように働きますが、

副交感神経が優位となりリラックスした状態では、代謝を抑制するように働いています。

そのため、夜遅い時間は代謝を抑制しているので、体脂肪として溜め込みやすいのです。

理由2:夜は食事による熱産生が少ない

エネルギー消費は、基礎代謝や活動によるものだけではなく、食事によっても行われています。

食事をすると体が温まりますが、これは食事をすることによってエネルギーが消費されているためです。

この食事をすることによって消費されるエネルギーを、食事誘導性熱産生(DIT)と言います。

辛いものを食べなくても、体が熱くなって汗をかくことがありますが、これも食事誘導性熱産生によるものです。

この食事誘導性熱産生は、朝が最も多く、夜になると少なくなってきます。

食事誘導性熱産生は、一般的に消費カロリーの10%を占めるとされ、決して少なくはありません。

食事時間が遅くなればなるほど、食事によって消費されるカロリーが減少するのですから、太りやすいと言えるでしょう。

理由3:夜は副腎皮質ホルモンの分泌が少ない

副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)とは、糖質やたんぱく質、炭水化物の代謝に関与するホルモンであり、

血糖値を上昇させてエネルギーとして消費しやすくする働きがあります。

副腎皮質ホルモンは、朝が最も分泌量が多く、時間がたつにつれて減少していきます。

そのため、夜に摂取した食事はエネルギーになりにくく、脂肪として蓄積されやすいのです。

副腎皮質ホルモンは、夜遅くなるほど分泌量が減少しますので、夕食が遅くなれば遅くなるほど、エネルギーになりにくく、

脂肪を蓄積させやすいため、太りやすいのです。

理由4:脂肪を蓄積させるたんぱく質BMAL1が増える

BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を蓄積する働きをもつたんぱく質の存在が明らかになっています。

BMAL1は、体内時計をコントロールする働きがあり、脂肪を蓄積する酵素を増加させることがわかっています。

また、BMAL1の量は時間によって変動し、午後3時が最も少なく、夜10時から早朝2時までが最も多くなるとされています。

つまり、午後10時から午前2時が最も脂肪を蓄積しやすく、午後3時は最も脂肪になりにくい時間帯であるということです。

同じカロリーを摂取するにしても、夕食を10時前に食べるのと、10時以降に食べるのとでは、脂肪の蓄積の仕方が異なるのです。

寝る時間を遅くしても 脂肪は蓄積しやすい

「寝る前に食べると太る」と言いますが、食べる時間が遅くなったから、寝る時間も遅くすれば良いというわけではないようです。

寝る時間を遅くしたからといって、その分エネルギーを消費できるというわけでもありませんし、

夜はエネルギーが消費しにくくなっていて、体内の自律神経やたんぱく質などが、エネルギー代謝を抑制し、脂肪を蓄積するように働いています。

遅い食事で摂取したエネルギーを消費するために、夜ふかしするのではなく、食事の時間を早めると良いでしょう。

また、脂肪を蓄積するように働くBMAL1は、朝日を浴びることによって減少するとされています。

早起きして朝日を浴びることで、太りにくい体質を作ることができるのですから、夕食の時間も就寝時間も、早めにすると良いでしょう。

夕食は10時までに!

夜遅く食べることは、太りやすいだけでなく、健康面においても良いことではありません。

睡眠の質を低下させたり、消化不良による胃もたれ・栄養が十分に吸収できないことによる栄養不足などを引き起こしたりしてしまいます。

食べたものが消化されるまでに3時間程度かかるため、寝る3時間くらい前までに食事を済ませることが健康に良いとされています。

寝る時間の3時間前を目安に、夕食は早めに食べるよう心がけると良いでしょう。



【ランキング入賞商品】【歯科専用】【メール便不可】【キシリトール100%は歯科専売品だけ】ロ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント