FC2ブログ

「ビールは太る」は間違い!?

ビールを飲んでばかりいると太ってしまう、ビールを飲むとビールっ腹になる…

「ビールはダイエットの大敵」そんなイメージが強いと思います。

しかし、下腹が出たり、太ったりするのは、本当にビールが原因なのでしょうか。

ビール腹の原因はビールではない

ビールを飲むと下腹に脂肪がつきやすいことから、「ビール腹」と呼ばれていますが、

実はビールではなく、ビールと一緒に食べるおつまみがビール腹の原因なのです。

ビールに含まれているアルコールのカロリーは、エンプティカロリーと言って、体に蓄積されることのないカロリーです。

そのため、ビールを飲んで体に蓄積されるカロリーは100mlあたり約15kcal程度とされています。

ビール自体は蓄積されるカロリーは低いのです。

しかし、ビールに含まれている苦味成分や炭酸ガスは、胃壁を刺激して食欲を増進させてしまいます。

ビール自体は蓄積するカロリーが少なくても、おつまみを食べ過ぎてしまうことで、太ってしまうのです。

高カロリーのおつまみが食べたくなるのはなぜ?

ビールを飲むと、から揚げやフライドポテト、焼き鳥、焼肉などのおつまみが食べたくなりませんか?

実は、これらのおつまみは全てカロリーが高めの料理です。

苦味のあるビールは、味が濃い目の料理や油を多く使った料理との相性が良いため、

ついビールを飲むと高カロリーの料理が食べたくなってしまうのですね。

ビールで太らないためには?

太る原因はビールではなく、おつまみによって過剰にカロリーを摂取していることが原因なのですから、

おつまみを工夫すれば摂取カロリーが高くなるのを防ぐことができます。

枝豆や刺身、冷奴、サラダなどのおつまみならば、低カロリーで脂質が少ないため、太りにくいおつまみと言えるでしょう。

しかし、低カロリーのおつまみであっても、食べ過ぎてしまうと摂取カロリーが多くなってしまいます。

また、ビールの飲みすぎも同様です。

お酒はほどほどに。そして、おつまみは低カロリーのものを適量摂取すると良いでしょう。



初回ご利用者様限定☆個数制限なし楽天グルメ大賞5年連続受賞!お歳暮ギフトを選ぶ前の味見にも...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント