FC2ブログ

低脂肪牛乳ダイエット

筋肉量の少ないことが女性の脂肪燃焼率が低い理由です。ダイエットをしている人はご存知のことですね。

この筋肉量を増やすために女性たちは時間を惜しまず筋トレ+ダイエットなどに打ち込んできました。

しかし、ここで思わぬ近道が目の前にあったら?試してみる価値があるかどうかを見極めるのはダイエッターである、あなた次第です。

低コスト~牛乳ダイエットの法則

ダイエットのルールは超簡単!食前にコップ一杯の低脂肪牛乳を飲むだけで完了です。

食前に飲むだけで、食事自体はいつも通りの食事をしていただいて構いません。

ですが、好きなものだけを集めた食事をするのではなく、筋力UPの目的も忘れないように栄養バランスを考えた食事にしましょう。

皆さんも、小さい頃には牛乳をたくさん飲んでいたのではないでしょうか?

牛乳は噛んで飲みましょうと言われた記憶も在ったり無かったり。

そして、この良く噛むという行為がダイエットに繋がるとは思ってもいなかったでしょう。

低脂肪牛乳ダイエットにおいて、噛むように飲むことは脳にある満腹中枢を刺激して、食欲を抑制してくれ、

食事の摂取量を抑えることができると言われています。

なぜ筋肉に牛乳なのか?

筋肉と牛乳の関係性って?骨と牛乳なら、カルシウムが骨を丈夫にしてくれると学校などで教えられましたが、筋肉と牛乳って・・・。

この2つの関係、牛乳がなぜ筋肉に影響するのか、どう作用するのかも未だ解明されてはいないのです。

これじゃあ、悩んでも解らないのは仕方ないことでしたね。

このダイエットについて詳しい内容は解明されていないものの、有力と言われている仮説がその信憑性を強くしているのも事実です。

低脂肪牛乳ダイエットにおいて、重要なのがカルシウムです!

牛乳を飲むことで血液内に存在するカルシウムが増えることはお分かりのことですね。

そして、カルシウム濃度が上昇するとどうなるのかこそが大事なのです。

血中濃度が高くなったことで働き出すのは何だと思いますか?

答えは副甲状腺ホルモンなど、様々な物質たちです。

物質の働きにより脂肪細胞内に蓄積されたカルシウム濃度は低下し、脂肪が作られるのを抑制、脂肪の分解が促されるそうです。

メリット

ダイエットで一番怖いのが「リバウンド」!よくある単品ダイエットや食事制限のダイエットは、栄養が偏りだし、栄養バランスがガタガタに・・・。

だけど牛乳には体脂肪の減量、ウエストの-(マイナス)効果、リバウンドを防ぐ筋肉量を増やすなどの効果が!

人間の体は、体内に必用な栄養素が欠乏すると何を犠牲にすると思いますか?

体内で減少した栄養素を補うのは、なんと筋肉なんです!体は栄養が足りていないと判断すると、

筋肉を分解して体のエネルギーとして使おうと機能します。

しかし、ダイエット中に筋肉を落としてしまうと、恐怖のリバウンドの危険性が高まってしまいます。

筋肉がダイエットにとって、とても必要なものであることはご存知ですか?

筋肉は基礎代謝といって、何もしていなくてもエネルギーを消費するという現象に強く関与しており、

筋量が多い人は基礎代謝が高く(つまり、痩せやすい体質の傾向)、反対に筋肉量が少ない人は基礎代謝が低い(太りやすい体質傾向)と言われています。

結果として、筋肉が落ちて基礎代謝が低下した人は脂肪を吸収しやすく、リバウンドの危険性が高まってしまうのです。

ダイエッターの危険視するリバウンドのリスク低下に期待ができ、筋肉を落とさず栄養も摂れる食品が牛乳なのです!

牛乳に含まれるタンパク質は筋肉に作用すると考えられており、脂肪撃退に役立つと思われます。

デメリット

牛乳が飲めないという方も中にはたくさんいらっしゃると思います。

牛乳が飲めないけど、ダイエットで引き締まったウエストや筋肉増量効果を得たいという方は、ゆっくりと牛乳に慣れていく必要がありますね。

まず、なぜ牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのか知っていますか?

小さい頃から牛乳を飲むとお腹が緩くなってしまう人、それは乳糖不耐症という症状なのです。

私たちの体の中にはラクターゼという酵素があります。

お腹のゴロゴロに深く関係するのがラクターゼなのですが、個人差により体内にラクターゼが少ない人や分泌されない人もいるそうです。

牛乳に含まれる乳糖を分解する働きをするのがラクターゼの役割で、それが少ないということが乳糖不耐症の原因だったのです。

分解されるはずの乳糖は、ラクターゼが機能しないために腸に停滞し、水分を蓄え始めます。

腸に留まっている乳糖は大腸菌に分解され、炭酸ガスや乳酸へと変わります。

牛乳によりお腹が緩み、腹痛や下痢を起こす理由は、この炭酸ガスや乳酸が蓄えた水分とともに腸を刺激するためと言われています。

飲めない牛乳でダイエットをどうにか成功させたい!という人に、牛乳を飲めるような工夫を教えちゃいます。

お鍋でホット!~温かい牛乳でトライ

乳糖を分解してくれるラクターゼが少ない人は、ホットミルクで挑戦してみましょう。

ホットミルクにすることで、少しは飲みやすくなると思われます。

また、一度に飲むことはしないで、数回に分けて飲みましょう。まずは、牛乳の味に慣れることが大切です。

一口ずつ飲むことを習慣付けるようにしましょう。

牛乳に慣れていくと、ラクターゼの分泌が見られることがあるようです。

最近では、乳糖自体を分解した牛乳や除去した牛乳などが発売されているようなので、スーパーなどに行った際、一度試してみてはいかがでしょう?

牛乳アレンジで、自分好みに!

「牛乳の臭いがどうしてもダメ」という理由で牛乳が飲めない人には、ココアや抹茶、コーヒーなどをプラスして、

好みのアレンジで臭いを消してしまいましょう。

また、料理やおやつに加えて摂取したり、加工した乳製品を摂るようにするのも良いでしょう。

牛乳をアレンジして、少しずつ慣れていくようにすると良いのではないでしょうか?



八千代低脂肪牛乳(1000ml)
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント