FC2ブログ

冬瓜ダイエット

冬瓜ダイエットの方法は、1日300~500gの冬瓜を食べるだけでOK。運動や食事制限、カロリー計算といったプラスの努力は不要です。

あっさりした味なので色々な料理に使えますが、特におすすめなのは汁物や煮物。汁物では味噌汁の具にするとよいでしょう。

煮物の場合は、鶏肉や豚肉・魚と組み合わせるととっても美味。

できれば、成分が溶けている煮汁も残さずに食べて下さい。

皮や種はお茶にしましょう

冬瓜は実だけでなく、皮や種も利用できます。実と同じように高い利尿効果がありますので、煎じてお茶にしましょう。

冬瓜料理と一緒に飲むとさらにダイエット効果が高まります!

メリット

唐辛子にはカプサイシンというダイエットに大変効果的な辛味成分が含まれています。

カプサイシンには、血行を促進したり、ホルモン分泌を促進する効果などがあります。

冬瓜には強い利尿作用がある

冬瓜といえば強い利尿作用があることで有名。これは冬瓜に含まれるカリウムのおかげです。

太る原因となる糖や老廃物がたくさんの尿と一緒に体の外へ排出されますので、痩せられるという仕組みです。

またカリウムには、ナトリウムの排出を促して血圧を安定させる効果も。

食物繊維とビタミンCで便秘解消&美肌!

食物繊維とビタミンCが豊富に含まれるのも冬瓜の特徴です。食物繊維は腸を掃除してくれる大切なもの。

腸がキレイになるとビタミンCの吸収率も高まり、便秘解消&美肌が手に入ります!

冬瓜に含まれるサポニンが肥満に効く!

冬瓜に含まれるサポニンにもダイエット効果が。サポニンには糖や脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあるので、肥満の予防や解消に役立ちます。

100gで16 kcalと低カロリー

冬瓜は、100gで16 kcalと低カロリーなところも魅力的。1日の目安量である300g~500gを食べても、わずか48~80kcalにしかなりません。

デメリット

冷え性の人は、食べ過ぎに注意!

冬瓜は約90%が水分。食べ過ぎると体を冷やすので気をつけてください(特に冷え性の人は注意)。

大きいものは4~5?、やや調理が大変

冬瓜は大きいものだと4~5?あります。やや調理が大変なので、包丁使いに自信のない人は、1~1.5?と小型の「姫冬瓜」がおすすめです。

いったん包丁を入れると痛むのが早い

冬瓜は夏の野菜ですが、そのままの状態で冷暗所に保存しておけば冬まで持ちます。

しかしいったん包丁を入れると痛むのが早いので、余ったものは冷凍パックしておきましょう。



煮込み料理に最適!そしてこの大きさに驚愕!冬瓜(とうがん)1個(2kg以上の巨大サイズ!)
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント