FC2ブログ

もやしダイエット

もやしダイエットの方法はさまざまですが、代表的なのが大さじ1杯のマヨネーズをかけるというもの。

夕食時に食べると特に効果的なようです。マヨネーズはカロリーが高いので、大さじ1杯以上はかけないようにしてください。

どうしてもカロリーが気になる人は脂質含量1/2の「キューピ ーハーフ」を利用するのがおすすめです。

また、レモン汁や酢など低カロリーな調味料を加えるのもOK。

もやしの使い方

ラーメンの具に。

野菜炒めの材料として。

味噌汁の具に。

ごま和え(ナムル)に。

メリット

もやしは腹持ちが良い!

もやしは安くて低カロリーなわりに腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことができます。

食物繊維やビタミンB2がいっぱい

もやしは食物繊維が豊富な野菜です。お通じをスムーズにするので頑固な便秘も解消。

またもやしには、代謝を上げることで脂肪の燃焼を助けるビタミンB2も豊富です。

ビタミンCで肌荒れも治る!

もやしにはビタミンCも豊富です。食物繊維で腸が浄化される→腸が健康になりビタミンCの吸収率が上がり、ニキビ、シミ、吹き出物などの肌トラブルが改善されます!

もやしのイソフラボンで長生き?

もやしに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンのような作用があります。

イソフラボンは乳がんなどの婦人病や更年期障害、骨粗鬆症の症状緩和・予防に役立つとして注目を集めています。

欧米では、日本人が長生きなのはイソフラボンの摂取量が多いためという声も。

また、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす、美白やバストサイズがアップするなど女性必見の効果もあるそうです。

デメリット

痛みやすいので注意

もやしは痛みやすいので、なるべく買ったその日のうちに食べ切るようにしましょう。どうしてもあまってしまう場合は、

塩水に軽くくぐらせておくと変色を防ぐことが出来ます。

また、水に入れ入れておくだけでも数日持ちますが、その場合は毎日水替えする必要があります。

なお腐ってきたかどうかは、表面がベタベタしているかどうかが目安になります。

豆やヒゲの部分も一緒に食べましょう

もやしの豆やヒゲの部分も食べましょう。豆やヒゲにもビタミンC、ビタミンB2、食物繊維が豊富に含まれているので、取り除いてしまうのは勿体無いです。

真空パックのものを選びましょう

もやしは、真空パックのものを購入するのがおすすめです。水入りのものだと、ビタミンCが溶け出してしまっているからです。



【隠れ人気メニュー】博多「一風堂」ホットもやしソース
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント