FC2ブログ

コーヒーを飲むだけで痩せるダイエット方法とは

コーヒーを一日にどれくらい飲みますか?

コーヒーを飲むことが習慣的になっている人も多いと思います。「食後にコーヒーが欠かせない」という人も多いのではないでしょうか。

そのコーヒーにダイエット効果があるとしたら!?

何となく飲んでいるコーヒーのイメージも変わりますよね!

痩せ体質を作ってくれるコーヒー。たくさん飲めば良いというわけではありません。

飲むタイミングや量によって得られる効果が変わってきます。

コーヒーのダイエット効果を高めるポイントを確認して、普段飲んでいるコーヒーでダイエットしてはいかがでしょうか?

コーヒーのダイエット効果はカフェインにある

ご存知の人も多いと思いますが、コーヒーには「カフェイン」が多く含まれています。

カフェインの眠気防止効果はよく知られていますが、ダイエット効果は聞いたことがないかもしれません。

カフェインは、あまり摂りすぎてはいけない成分であり、授乳中や妊娠中には摂取を控えた方が良いとされている成分です。

カフェインにあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんね。

しかし、カフェインには、脂肪分解を促進したり、交感神経の働きを高めて代謝を促進す効果のある、ダイエッターの味方なのです。

カフェイン・クロロゲン酸 Wの脂肪分解効果!

カフェインには、リパーゼという消化酵素の働きを活発にする効果があります。

リパーゼは脂肪を分解する酵素です。脂肪はリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されなければ燃焼できません。

「脂肪は燃焼するまでに20分程度時間がかかる」と聞いたことはありませんか?

これは、脂肪がそのままでは燃焼されず、分解されなければいけないために、時間がかかってしまうからなのです。

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸にはカフェインと同様に脂肪の分解を促進する効果があります。

コーヒーダイエットの効果の高さは、カフェインとクロロゲン酸の両方に、脂肪分解を促進する効果があり、相乗効果を得られるからです。

コーヒーは、脂肪分解の作用をサポートする2つの栄養素を含んでいるダイエットに大変効果的な食品なのです。

利尿作用がありむくみが解消できる

カフェインには利尿作用があり、気になるむくみを解消し、体内の老廃物や余分な水分を排出する効果があります。

むくみは代謝を悪くするダイエットの大敵です。カフェインは、むくみを解消し、ダイエットをサポートしてくれるのです。

カフェインが基礎代謝UP!

カフェインには血行を良くする効果があり、基礎代謝が高まります。

また、血液の循環が良くなり、代謝がUPすることで、女性に多い冷え性や肩こりの解消にもつながります。

リラックス効果も高い

何となく気分転換や休憩に飲んでいるコーヒーには、実はリラックス効果もあるのです。

コーヒーの香りによってα波が出て、心も体もリラックスでます。そして、心と体のストレスを減らしてくれます。

飲むタイミングが肝心!やせるための「飲み時」とは?

コーヒーが「脂肪を燃焼しやすくする」と言っても、黙っていて脂肪がどんどん燃えていくわけではありません。

コーヒーと運動を組み合わせることで、脂肪燃焼効果を高められるのです。

最も脂肪燃焼効果を高めるコーヒーの「飲み時」は、運動を始める20~30分前です。

たくさん飲めば効果が高まるわけではないので、1杯のコーヒーをリラックスして飲むと良いでしょう。

カフェインが最も活躍してくれるのは、コーヒーを飲んだ20分~30分後とされています。

カフェイン効果で、運動による脂肪燃焼効果がより高められるのです。

運動前以外にも、コーヒーのダイエット効果を高める「飲み時」があります。

それは、多くの人が最もコーヒーを飲みたくなる食後です。

食事が終わっても何だか口寂しくて、ついついデザートに手を伸ばしてしまった…という経験はありませんか?

コーヒーは頭をスッキリさせて、程よい満腹感を与えてくれるので、食後の物足りなさや甘いものが欲しいという気持ちを忘れさせてくれます。

ダイエットのための コーヒーの飲み方

普段どのようにしてコーヒーを飲んでいますか?

缶コーヒーやインスタントコーヒーはリーズナブルで手軽ですし、ドリップコーヒーはコーヒーの香りをより豊かに味わえますね。

缶コーヒーやインスタントでもカフェインが摂取できるので、ダイエット効果は得られますが、

高いダイエットの効果を得るには、ドリップコーヒーがおすすめです。

コーヒー豆の選び方や、飲む温度、飲む回数などで、得られる効果は変わってきます。

よりダイエット効果を高める飲み方を確認していきましょう。

ダイエットのための豆選び

ダイエット効果の高いクロロゲン酸は、熱に弱いという特徴があります。

そのため、深煎りの豆よりも浅煎りの豆のほうが良いでしょう。

また、インスタントコーヒーはドリップコーヒーに比べると、カフェインやクロロゲン酸の含有量が少ないので、

時間のある場合にはドリップしてコーヒーを楽しむことをおすすめします。

コーヒーはホットで!

アイスコーヒーとホットコーヒーでは、高いダイエット効果を期待できるのはホットコーヒーです。

コーヒーに含まれている有効な成分は、ホットコーヒーの方が効率良く吸収できます。

暑い季節には、アイスコーヒーが飲みたくなりますが、ダイエット効果を高めたい場合にはホットコーヒーを飲むようにしましょう。

また、コーヒーを入れる際には、熱湯ではなく、少し冷ました80度前後のお湯を使用するとさらに効果的です。

熱すぎるお湯では、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が熱で失われてしまうのです。

ブラックで飲みましょう。

コーヒーは砂糖を入れずにブラックで飲みましょう。砂糖を入れなければ0kcalですが、プラスする砂糖の量によっては高カロリーになってしまいます。

ティースプーンに軽く1杯(5g)の砂糖で20kcalです。

どうしてもブラックは苦手だという人は、砂糖の量に注意して飲みましょう。

また、缶コーヒーは0kcalのものもありますが、砂糖の加えられているものでは50kcal~100kcalです。

缶コーヒーの場合には無糖のものを選ぶと良いでしょう。

こまめに飲みましょう

コーヒーは一度にたくさん飲まないで、こまめに飲むようにしましょう。

コーヒーのダイエット効果は3時間程度持続します。3~4時間おきにコーヒーを飲むと良いでしょう。

摂取量に注意!

コーヒーに含まれているカフェインはダイエット効果の高い成分ですが、摂取量には注意が必要です。

1日に飲むコーヒーは5杯程度までにしましょう。カフェインの過剰摂取は良くありませんし、

体がカフェインに慣れてしまい、効果が現れにくくなってしまいます。

カフェインを過剰に摂取すると、眠れなくなる・胃が荒れる・貧血を起こすなどの症状が出る場合もあります。

体調の変化がみられた場合には、コーヒーを飲むのを中断しましょう。



5年連続ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞の澤井珈琲では、ご注文を頂いてから焙煎したコーヒー、...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント