FC2ブログ

プロテインの健康的ダイエット効果

プロテインはどんなもの?

プロテインは栄養補助食品であり、食事だけでは摂取量が足りないタンパク質を補うために効果的です。

最近はタンパク質だけでなくビタミンなどの栄養が含まれているものもあります。

プロテイン自体には筋肉を強くする成分は含まれていないため、筋肉を鍛えるにはトレーニングが不可欠です。

なぜプロテインを使うのか

タンパク質は肉や魚、大豆、卵などに多く含まれております。

しかし、これらの食べ物でタンパク質を大量に取ろうとすると、タンパク質よりも脂肪が多くなってしまいます。

そこでプロテインを摂取すくと、タンパク質だけを効率的に補うことができるのです。
プロテインの種類

プロテインはその目的や原料によって、いくつかの種類に分類されます。そして、それぞれ効果や、使用タイミングが異なります。

プロテイン目的別

アスリート用プロテイン

ダイエット用プロテイン

ジュニア用プロテイン

など

プロテイン原料別

大豆プロテイン

エッグプロテイン

ホエイプロテイン

カゼインプロテイン

など

※ホエイプロテインとカゼインプロテインはどちらも牛乳のタンパク質を原料としています。

プロテインの使い方

粉末状のプロテインを水や牛乳などで溶かし飲みます。コップなどには水などを先に入れてから粉末を混ぜて溶かすようにしましょう。

たんぱく質はお湯に弱いらしく、お湯でプロテインを溶かすと固まってしまうので気をつけましょう。

また、移動先で飲む場合などは溶かした状態で持っていくのではなく現地で溶かして飲むようにしましょう。

プロテインを飲むタイミング

明確には種類により、効果的なタイミングは異なります。

一般的にはトレーニングの30分前やトレーニング後30の間、就寝2時間前などが良いとされています。

プロテインの味は…

少し前までプロテインの味は、決して美味しいといえるものではありませんでした。

非常に飲みづらい物だったのです。

しかし最近では、ココア風味やストロベリー風味など、味が改良されたものが多く販売されています。

せっかくなら美味しく栄養補給したいですよね。

逆に太ってしまうことも…

ダイエットになるからといって、とにかく飲めば痩せるという訳ではありません!

特に摂取量には気をつけないと、痩せるどころか体重が増加してしまう可能性が高くなります。

プロテインには不足分のタンパク質を補ったり、トレーニングで傷ついた筋肉の修復を早める効果があります。

しかし、運動をしなければタンパク質は使われず体内にエネルギーとして蓄積されるため、結局は体重が増加してしまうのです。

運動をして筋肉を多く使う場合は、通常よりも体が必要とするタンパク質も多くなるため、アスリートの多くがプロテインを使用しているのです。

置き換えプロテインダイエット

置き換えプロテインダイエットとは、1日の食事(朝食、昼食、夕食)の内どれかを、プロテインだけにするダイエット方法です。

急がしい時の朝食や昼食の変わりに、プロテインを利用するといった時短というメリットもあります。

食事のどれかをプロテインに変更することで、1日の総摂取カロリーが減りダイエットになるのです。

ただし、1日に置き換える回数を増やす、途中で飽きてすぐに食事量を元に戻すなどの行為はリバウンドが起こりやすくなります。

置き換える食事は1日1食にしましょう。

運動すれば効果倍増!? 筋肉をつけたほうがいい理由

プロテインを置き換えダイエットに使用すれば、カロリー摂取量を抑えることができ、ダイエットにつながります。

しかし、そこで終わらせずに置き換え方法と合わせて、トレーニングを行ってみませんか?

筋肉を付けるメリットって?

特に女性なら「痩せたいだけで筋肉は必要ない!」と思っている人が多いと思います。

脂肪を効率的に燃焼させるのは筋肉です。筋肉量が多いと、運動することで大量の脂肪を燃焼することができます。

また、基礎代謝力も高まることから、安静時の脂肪燃焼量も増えるため、太りにくい体になるのです。

何も「ボディービルダーのようなムキムキにならなければいけない!」ということではありません。

体のラインに出なくても、筋肉がついている必要があるということでして、

筋肉があることでスタイルの維持、肌の張りを保つなどの効果も期待できるのです。

有酸素運動がオススメです!

プロテインダイエットに向いている運動は「有酸素運動」です。

有酸素運動とは時間をかけて行う運動のことで、ウォーキングやランニング、水泳、エアロビクスなどが当てはまります。

有酸素運動は長く続ければ続けるほど効果が高くなります。

仕事や家事で忙しい場合、まとまった時間は取りにくいという方も多いと思います。

しかし有酸素運動は細切れに行っても効果があります。

つまり20分運動したい場合は、10分と10分に分けて運動を行っても同じ効果を得ることができるのです。

プロテインがダイエットに繋がるマトメ

運動すれば痩せられるのは当たり前って思っていませんか?

プロテインダイエットの一番の目的は痩せることはもちろんですが、シッカリと筋肉をつけるということです。

只運動する(脂肪を燃焼する)だけじゃなく、筋肉を付けるために運動をすることは、太りにくい体を作るためでもあります。

筋肉はダイエットで最も大きな問題といえる、リバウンドを防ぐために必要不可欠なのです。

リバウンドは元の体重に戻るだけじゃなく、さらに太ってしまう可能性が高くなりますからね。

プロテインダイエットは最初、筋肉量が増えるので急激に体重を減らすことはできません。

その代わり健康的に痩せるには最適なダイエット方法なのです!

食事制限を伴うダイエットで問題となるのは必要栄養素が不足するという問題です。

プロテインを使った置き換えダイエットなら、体に必要なタンパク質はシッカリと取りつつ、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

これらのことからプロテインはアスリートだけの物じゃなく、一般の人でも多くのメリットがあるものだと分かっていただけたと思います。



◆ジュニア世代の人気&実力No.1プロテイン♪人気の森永製菓:ウイダー(Weider)ウィダージュ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント