FC2ブログ

意見が分かれる朝食抜きダイエット

朝食抜きダイエットとは水分は補給するが固形物は口にしない、または果物や果物ジュースだけを取るといったダイエット方法です。

このダイエット方法だと朝食に取る分のカロリーがないため、昼食と夕食で大食いをしない限り3食食べるよりも、

カロリー摂取が少なくなることは分かると思います。

ではなぜ朝食を抜くダイエットは、良くないという意見があるのでしょうか。

朝食は取るべきだという考えと、朝食抜きダイエットは効果があるという両方の考えを比べてみましょう。

朝食を取るべきという考え

朝食を食べるとどのような効果があるのか、ダイエットを度外視して考えてみましょう。

朝食を取るとこんなことが体に起こっていた!

よくいわれるのが、朝食の摂取は午前中の活動を活発に行えるようにするために必要だということです。

脳の主な栄養はブドウ糖です。このブドウ糖が十分に脳に届かないと物事に集中できないそうです。

実は寝ている間もブドウ糖は消費されており、朝目が覚めたときにはブドウ糖が不足しがちです。

そして、不足気味になっている脳にブドウ糖を与えるためにも朝食は必要不可欠なのです。

また、朝食を食べる行為は寝ている間に下がった体温の上昇促進、排便作用活性化といった役割も担っているそうです。

朝食を抜くとかえって太りやすい!?

なんと朝食を抜くほうが太りやすいという指摘もあります。では朝食を抜くとなぜ太りやすくなるといえるのでしょうか。

まず、朝食を抜くと昼食の時間までにお腹がすきます。

その反動で昼食や夕食を、必要以上に食べ過ぎてしまう可能性が高くなります。

また、これまで朝食を取っていたのに、朝食を取らない日が続くと体の中では栄養減少に対応できるようにと

今まで以上に栄養を体に蓄えようと働きます。すると以前と同じ量の食事でも体に蓄えられる多さが増えてしまうのです。

つまり、昼や夜の大食い + 栄養を体に蓄えやすい状態 = 太りやすくなる

となるため朝食を抜くことは逆に体重を増えやすくなるのだとされているのです。

朝食抜きダイエットの考え

ダイエットという目的以外にも、朝食を抜くことにはメリットがあるみたいです。

朝食を取らなくてもこんな結果を起こせていた!

朝食抜きを支持する人の意見によると朝食を取ることは体への負担が大きい、また朝食を取らないほうが集中力はつくというのです。

人間が食べたものを処理していくのには18時間前後かかるとされています。

もし規則的に3食食べていると消化器官に休みがないのと同じ状況になるため体への負担が大きいということになりますね。

これに対して夕食を6時に食べる人が朝食を食べなかった場合、

次の食事は昼の12時ごろになり丁度食べ物が消化されている時間帯になります。

そのため体への負担が軽減されるのだとしています。

朝食を取るべきだという意見として、脳の主な栄養になるブドウ糖が摂取できない状態を指摘していますが、

もし脳へのブドウ糖がたりなくなったとしても、βヒドロ酪酸が代用的に働くため問題ないとされています。

朝食抜きダイエットを始めるなら…

朝食抜きダイエットを始めてみようと思った場合に気をつけたいことがあります。

もしあなたが日頃から3食食べていた場合は朝食をいきなり食べなくなると、

急な変化に身体が対応できず、集中力が続かないなどの症状が出る可能性があります。

そのため朝食抜きダイエットを始める場合は、朝食の量を少しずつ減らしていくようにしましょう。



5万個を突破したおこわのようなもちもち十六雑穀「十六の舞」、天皇献上の栄誉賜る老舗の大人気...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント