FC2ブログ

ウコンダイエット

ウコンと聞くと、ドリンクやサプリメントのイメージが強いかもしれません。

しかし、カレーのスパイスやたくあんの着色料としても使われています。

ウコンダイエットは、ウコンを積極的に摂取するダイエット法です。

スパイスやサプリなど摂取方法は多様 ウコンの摂取方法には、ターメリックをスパイスとして料理に使用したり、

ウコン茶やサプリメントで摂取したりする方法があります。

ウコンの粉末を直接摂取する方法もありますが、苦味が強いので、オブラートに包んで飲むと良いでしょう。

ウコンの摂取量は1日あたり2~3gが目安です。サプリメントで摂取する場合には用量・用法を守って摂取しましょう。

クルクミンが豊富な秋ウコンがおすすめ世界中に約50種類のウコンがあるとされていますが、

日本で多く見られるのは春ウコン・秋ウコンでしょう。

ウコンの種類によって、含まれている栄養素や効果が大きく違っています。

ダイエット効果の高いクルクミンという栄養素が多く含まれているのは、

カレーのスパイスなどに使われている秋ウコンであり、春ウコンの約10倍のクルクミンが含まれているとされています。

高いダイエット効果を得るためには、秋ウコンがおすすめです。

ウコンに含まれるクルクミンという成分には、脂肪の細胞分裂を防ぐ効果や肝臓機能を高める効果があります。

ウコンというと「二日酔い予防」のイメージが強いかもしれませんが、実は高いダイエット効果もあるのです。

ウコンは脂肪が増えるのを抑制するウコンに含まれるクルクミンには、細胞分裂を抑制する働きがあります。

「脂肪の数は幼いうちに決まる」と考えられてきましたが、最近脂肪細胞が増えることがわかってきました。

脂肪細胞は分裂して増えるのです。

脂肪細胞が大きくなったり、増えたりすると太ります。

クルクミンは、細胞分裂を抑制する働きがあるので、脂肪細胞の分裂を防いで太りにくくしてくれます。

コレステロールを下げる効果もウコンは胆汁の分泌を増やす働きがあります。

胆汁は、コレステロールを原料として作られているので、胆汁の分泌が増えることにより、

コレステロールが使われ、減少するのです。

肝臓に障害(肝硬変や胆石など)のある人は、ウコンを過剰に摂取したり、長期に渡ってウコンを摂取したりすることで、

肝臓に負担をかけてしまうことがあります。

肝臓に障害のある人は、ウコンダイエットを始める前に、医師に相談すると良いでしょう。

ウコンの副作用の症状には、皮膚の痒みなどのアレルギー症状、胆管障害、肝障害などがあります。

ウコンダイエットとは、ウコンを毎日摂取するだけのダイエット法。

食事制限やカロリー制限もなく、お金をかけずにやせられるのは嬉しいですね。



クルクミンを豊富に含む秋うこん使用のサプリメント♪秋ウコン8粒あたり1000mg配合秋ウコン8粒...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント