FC2ブログ

朝リンゴ夜トマトダイエット

朝リンゴ夜トマトダイエットは痩せることよりも美肌になることを目指すダイエット方法です。

そのルールはとっても簡単!朝にリンゴを食べ、夜にはトマトを食べるだけです。

痩せるだけでは満足できない、お肌の美しさも必要だと仰る方はぜひお試しになってください。

しばらく続けているとお肌にツヤ、ハリ、しっとり感が感じられその効果を実感できると思います。

ちなみに食べる量は、朝にリンゴ1個、夜にトマト2個です。

こんなに食べるのは大変だという方はミキサーにかけて生ジュースにしてみてください、

そうすると栄養分が損なわれずに簡単に摂取できます。

なぜならリンゴとトマトは美肌作りに有効な成分をたっぷり含んだ食材だからなのです。

リンゴが含む食物繊維ペクチンとリンゴポリフェノール、

トマトが含むリコピンとクエン酸が特に美肌作り効果をもたらしてくれます。

そしてこのリンゴとトマト、それぞれ朝と夜に食べるのがもっとも美肌に効果的です。

以下ではさらに朝リンゴ夜トマトについて説明していきます。

リンゴはお腹、さらに詳しくいうと腸にとっても良い食材です。

腸とお肌が密接に関係していることは皆さまご存知のことと思います。

腸がキレイになるとお肌もキレイになるのです。

リンゴの持つ食物繊維ペクチンは腸内環境を整え、

また水溶性の食物繊維ですから有害物質が腸から吸収されるのを防ぎ体外へ排出するのを手助けしてくれます、

そうやって腸を健康にキレイにしてくれる訳です。

リンゴの持つもう1つの美肌成分リンゴポリフェノールについて説明します。

リンゴポリフェノールはシミの原因となるメラニンの発生を防いでくれるのです。

そのためシミのない肌をつくることができます。

リンゴポリフェノールはその他にも脂肪の吸収を抑える働きがありますからダイエット効果を期待でき、

抗酸化作用も強いため老化防止効果も期待できます。まさにリンゴは美肌作りにもってこいの食材なのです。

トマトの持つリコピンは紫外線からお肌を守ってくれます。紫外線はシミ、シワの原因の80%だそうです。

紫外線はシミを発生させ、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため、

肌からハリが失われシワが出来てしまいます。

どうやってリコピンが紫外線にからお肌を守るかといいますと、リコピンはシミの原因メラニンの発生を抑え、

肌のハリを保つコラーゲンを増やし紫外線により壊されるコラーゲンを減らす効果があるのです。

トマトを食べてリコピンを取り込みますが、肌まで届けられるには7時間位かかります。

そのため夜にトマトを食べておくと、目覚めた朝には肌にリコピンが届けられていて、

その日一日紫外線から肌を守ってくれることになります。

トマトは夜に食べるのが肌には1番良いのです。

1日に必要なリコピンの量はトマト2個分。肌のために頑張って食べましょう。

トマトが持つもう1つの美肌に良い成分はクエン酸。クエン酸は体を錆びさせないといわれています。

老化の原因となる活性酸素の増加を防ぎ、肌の老化を防いでくれるからです。

若々しい肌をめざすならばクエン酸は欠かせません。

このようにリコピンとクエン酸を豊富に含むトマトは美肌作りに効果大なのです。



無農薬有機肥料をたっぷり使った青森県産訳ありトマト【約500g(バラ売り)】無農薬野菜 自然農法
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント