FC2ブログ

フルーツモーニングダイエット

「朝にフルーツを好きなだけ食べる」これがフルーツモーニングダイエットの方法です。

食事制限が無いためストレスを感じにくいダイエットであると思います。

これまでに朝ごはんとお味噌汁といった、しっかりとした食事を摂られていた方が

低カロリーのフルーツを朝ごはんにすると、ものすごく摂取カロリーが減ってダイエットになります。

朝フルーツを食べるだけでもダイエットできるのですけれど、

せっかくならどうしてダイエットできるのかの理論とさらに詳しい実践方法を知った方がより効果が出ます。

フルーツダイエットを実践する前に皆さまに、朝という時間帯について知っておいてほしいと思います。

人にとっての朝についてよく理解できれば、フルーツモーニングダイエットの仕組みもよく理解できると思うからです。

人にとって朝は、何も食べなくてもエネルギーが十分に補給されている時間帯です。なぜなら夜に食べた食事がエネルギーに変わるのは翌朝だからです。つまり朝は昨日食べた夕食がちょうどエネルギーに変わっているので十分に栄養が体に補給され、これ以上エネルギーは必要ではない状態ということになります。

そのため本来、人は朝何も食べなくても平気です。

人にとって朝は食事をする時間帯ではなく排泄する時間帯だとされています。

「朝は排泄する時間帯だから食事をしなくても大丈夫!」といっても、

「お腹がすいて耐えられないよ…」という方が多いと思います。そんな方にオススメなのがフルーツ!

フルーツは朝食事をしなくても良いという体のルールの例外的存在なのです。

なぜなら、フルーツは食べるとフルーツに含まれるファイトケミカルによって代謝がアップし

蓄えられたエネルギーを上手く消費することができるようになるからです。

そうすると体に残っているエネルギーを上手く使うことができ、余計な脂肪がつかなくなります。

さらにフルーツは朝の排泄を邪魔しません。

消化吸収がよく、食物繊維が豊富なのでお通じを良くするという、むしろ排泄を手助けする働きをしてくれます。

「人は朝何も食べなくても平気、けどお腹が空いて無理!何か食べたい!でも食べたら太る、一体どうすればいいの?」

そんなあなたにオススメがフルーツなのです。

食べると代謝がアップし、お通じが良くなるフルーツならば朝きちんと食べたい人にとって最適の朝食となります。

フルーツは低カロリーなので、毎朝しっかり、例えばごはんとお味噌汁といった食事をされている方が

朝食をフルーツに変えたらすごくダイエット効果がありますよ。

ここではフルーツモーニングダイエットのパワーアップ方法を紹介いたします。

さらなるダイエット効果を目指して皆さま頑張ってください。

フルーツを食べると代謝が良くなるため脂肪の燃焼力が高まりダイエットにはいいことなのですが、

その分汗や尿がたくさん出て体から水分が失われてしまいます。

フルーツは水分豊富な食材ですが、それだけでは水分不足です。

また寝ている間、人はかなりの汗をかき、そのため朝は水分不足による血液ドロドロ状態になっています。

血液をサラサラにするためにも水をどんどん飲み水分補給をしましょう。

食事の量を減らすダイエット方法は筋肉の量が落ちてしまいそれに伴い代謝量も低下してしまうとされています。

そのため適度に運動して代謝量を上昇させましょう。

運動にはウォーキングなどの有酸素運動がオススメです。

有酸素運動で体を鍛えると代謝量が増え、脂肪を燃焼しやすくなり太りにくい体になることができます。

ただウォーキングをするのは大変なので、このパワーアップ方法は出来る人だけが実践してみてください。

フルーツモーニングダイエットの基本ルールとパワーアップ方法は皆さまご覧になったと思います。

しかしフルーツモーニングダイエットには更なるパワーアップ方法が存在します。

ここから先の方法を実践するともはや「モーニング」という言葉が形骸化してしまうのですが、

ダイエット効果は確実にアップします。さらなるダイエットを目指す方はぜひ実践してみてください。

フルーツが含む酵素には脂肪やたんぱく質を分解するものが多くあります。

そのためフルーツを食べると脂肪やたんぱく質が分解され、体内に吸収されやすくなり、

その分細胞が活性化し、エネルギーが消費されやすくなります。

またこれまでに脂肪の形で蓄えられていたエネルギーも消費されます。

ぜひフルーツを昼食と一緒に食べましょう。

できれば食事をする少し前、15分位前に食べるのが効果的です。

少しお腹が膨れて食欲が減少するという理由もあるのですが、

フルーツの持つ酵素が昼食を分解しやすくなるという理由もあるのです。

お腹が空いたとき皆さまおやつを食べると思いますが、おやつはフルーツを選びましょう。

フルーツは砂糖を使用したお菓子よりもずっとカロリーが低いですし、腹持ちして満腹感を得られます。

健康にも良いですし、おやつにフルーツを食べるとその後の昼食や夕食の際に、お腹の減りを少なくし、

食べすぎを防止してくれます。ぜひおやつにはフルーツを選びましょう。

夕食は翌朝エネルギーに変わっているのですが、フルーツはそのエネルギー変換を助ける働きをします。

そしてそのエネルギーが体中に行き渡るのを助ける働きもしてくれるのです。

フルーツは食事の分解を助け、脂肪として蓄積するのを防ぐ効果もありますので、

夕食にフルーツを追加してその日一日疲れた体を労わりましょう。



埼玉県深谷市産のうまかんべ~は名前のとおりとてもおいしいフルーツトマトです。11軒の農家し...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント