FC2ブログ

ジンギスカンダイエット

ジンギスカンダイエットは、毎日ジンギスカンを食べるわけではありません。

お肉を食べる場合は、なるべくジンギスカンにします。普段の食生活の中で、肉類を羊肉(ラム・マトン)に置き換えるダイエットです。

食事制限やカロリー制限はありません。普段から栄養のバランスが取れた食事、腹八分目を心がけると良いでしょう。

羊肉には高いダイエット効果がありますが、だからと言ってジンギスカンしか食べないのでは、栄養が偏ってしまいます。

ジンギスカンは、野菜と一緒に焼いて食べましょう。野菜の種類を多くすると、多くの栄養が摂取できます。

ジンギスカンを食べるときには、緑茶を飲むようにしましょう。緑茶に含まれるカテキンが、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

羊肉(ラム・マトン)にはダイエット効果の高いカルニチン(L‐カルニチン)が豊富に含まれています。

カルニチンは主に肉類に多く含まれていますが、ジンギスカンに含まれるカルニチン量は非常に多く、

ラムには100gあたり80~100g、マトンもは100gあたり200mgものカルニチンが含まれています。

ラム・マトンに次いでカルニチン含有量の多い豚肉でもラムの半分以下、マトンの5分の1しかありません。

このことからも、羊肉に含まれるカルニチン量が圧倒的に多いのがわかるでしょう。

また、ビタミンや鉄分、亜鉛などの栄養素を含み、ダイエット効果だけでなく、美容効果や健康効果も期待できます。

カルニチンは脂肪をエネルギーに変えます。脂肪を燃焼する働きをしているのがカルニチンなのです。

つまり、カルニチンが不足すると脂肪を燃焼しにくい体になってしまうということです。

1日に必要なカルニチンの量は200mgとされていますが、ダイエット効果を高めるためには、300mg程度摂取すると良いでしょう。

羊肉は、他の肉に比べて脂肪分・コレステロールが少なく、ヘルシーな食品と言えるでしょう。

さらに、不飽和脂肪酸を多く含み、コレステロールを下げる効果も期待できます。

美肌・疲労回復などの効果が期待できるビタミン類、貧血を防ぐ鉄分、女性ホルモンの生成に影響し、免疫力を高める亜鉛などが豊富に含まれています。

ジンギスカンダイエットのデメリットは、ラム・マトンが決してカロリーの低い食品ではないことがあげられるでしょう。

羊肉は低脂肪で栄養価も高い食品ですが、食べ過ぎると摂取カロリーが高くなってしまいます。

羊肉の摂取カロリーは100gあたり200~250kcalです。ダイエット効果は高いですが、摂取カロリーが高くなりすぎては元も子もありません。

食べ過ぎには気をつけましょう。

羊肉を選ぶ時には、なるべく脂身の少ないお肉を選びましょう。脂身をできるだけ取り除くと、さらにカロリーを減らせます。

ジンギスカンダイエットは、毎日の食事に関するルールがあるわけではありません。

ジンギスカン以外の食事を注意しなければ、ダイエット効果の高いジンギスカンを食べても、効果が得られません。

食べ過ぎに注意して、日頃から腹八分目を心がけた食生活を送りましょう。

ダイエット効果の高いカルニチンは毎日摂取したいところですが、毎日ジンギスカンを食べるのは困難かもしれません。

ジンギスカンを食べない日には、サプリメントでカルニチンを摂取しましょう。カルニチンは多ければ多いほど良いというわけではありません。

容量・用法を守って摂取しましょう。



超目玉!激安特価でご提供!ボリューム満点の秘伝のタレとの黄金比率!究極の厚切りジンギスカ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント