FC2ブログ

青魚ダイエット

青魚は脂肪の燃焼を促進するEPAやDHAが豊富で、満腹感を得やすくしてくれるヒスチジンという成分を多く含んでいます。

1日1回朝・昼・晩どの食事でも良いので、必ず青魚を食べるようにします。

もともと肉中心の食事だった人は、肉を青魚に変えるのです。

青魚を食事に取り入れるほかは、食事や摂取カロリーなどの制限がなく、手軽なダイエット方法です。

青魚にはニシンやイワシ、サンマ、アジ、サバなどがありますが、

魚の種類は決まっていませんので、自分の好きな魚を摂取するようにしましょう。

また、調理方法も決まりはなく、煮ても焼いても大丈夫です。

青魚には、満腹感を得やすくして、自然に食べる量を減らしてくれるヒスチジンが豊富に含まれています。

そのため、無理なくカロリーコントロールができるのです。

ヒスチジンが満腹感を得やすくしてくれる青魚に豊富に含まれているヒスチジンは、脳内に入るとヒスタミンに変わります。

脳の視床下部からも分泌されるヒスタミンは、「満腹物質」とも呼ばれ、食欲を抑制してくれる物質です。

たくさんの食べ物を摂取すると、胃の壁が拡張され、脳に刺激が送られます。

脳の満腹中枢が刺激されることで満腹感が得られるのですが、食事の量が少なくても、

脳の満腹中枢に刺激が伝われば満腹感が得られます。

ヒスタミンは脳の満腹中枢を刺激する物質です。

青魚に含まれるヒスチジンがヒスタミンに変わり、満腹中枢を刺激することで、

胃の中に食べ物がたくさん入っていなくても満腹感を感じます。

つまり、青魚は満腹中枢を刺激しやすい成分を含んでいるので、満腹感を感じやすく、無理なく食事の量を減らせるのです。

よく噛んで食べよう青魚をよく噛んで食べることで満腹感が得られ、食べる量が減らせます。

早食いが太る原因となるのは、満腹感が得られずに食べ過ぎてしまうことが原因です。

よく噛んで食べることは、先に紹介した「満腹物質」であるヒスタミンの分泌とも大きく関係しています。

よく噛むことで、ヒスタミンの分泌が促進され、満腹感を得やすくなるのです。

また、よく噛むことは血糖値の上昇を緩やかにして脂肪の蓄積を防ぐ効果もあり、ダイエットにはとても大切なことです。

青魚には脂肪燃焼を促進するEPA・DHAが豊富青魚に含まれているEPA・DHAには血液をサラサラにする効果があり、

タウリンには疲労回復効果があります。鉄分も豊富に含まれているので、貧血も予防できます。

しかし、魚の脂分であるEPAは、脂でありながら、脂肪燃焼効果を高めてくれる良質な脂肪分です。

青魚は、ダイエット中でも安心して食べられる食品なのです。

青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、エネルギー源や体を作る重要な働きをしているのですが、

過剰に摂取すると、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)増やす原因となってしまいます。

栄養豊富であり、ダイエット効果も高い青魚ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

また、青魚を干物で食べたり、塩焼きにする場合などは、塩分の取りすぎにも注意が必要です。

塩分の取りすぎは、むくみの原因にもなり、健康に良くありません。

青魚ダイエットは、青魚に含まれる栄養素により、自然に食事の量を減らし、太りにくい体を作れるダイエット法です。



【送料無料】安くて美味しくて体に良い青魚セット♪[千葉県産]
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント