FC2ブログ

糸こんにゃくダイエット

糸こんにゃくは、100g中に5キロカロリーしかありません。

じつは同量の寒天とくらべるとさらにカロリーが低い、つまりいくら食べても太る心配はないのです。

しっかりとした歯応えがあり、満腹感が得られ、このような”食べた“という実感は、

脂肪を燃焼したり代謝を活性化する栄養成分より重要だと、私は考えています。

なぜなら、精神的にストレスのかかるダイエットは長つづきせず、それどころかリバウンドを招くおそれもあるからです。

糸こんにゃくのこの満腹感は、豊富な食物繊維によってもたらされます。

こんにゃくの主成分であるグルコマンナンは水溶性の食物繊維で、水を含むと大きくふくらみます。

このため、糸こんにゃくをよく噛んで食べると、こまかくなったこんにゃくが胃の中で水分と結びつき満腹感をもたらすわけです。

しかもゆっくりと消化されるので腹もちがよく、食べすぎや間食を防ぐ働きも見逃せません。

さらに、グルコマンナンは腸内に入ると弾力性のあるかたまりへと変化します。

この変化をしながら、周囲のコレステロールや脂肪分をとり込み、便となって体外に排出させます。

昔から「こんにゃくは砂をおろす」といわれますが、この働きのことをさしているのでしょう。

この食物繊維・グルコマンナンの”砂おろし“効果、つまりデトックス様効果は、

動脈硬化や心臓病、糖尿病や腸のガン、胆石の予防にも役立つといわれています。

このようにすばらしいダイエット食材である糸こんにゃくですが、肥満の原因ではありますが、

体の組織をつくってもいる必要な脂肪分まで排出させてしまいます。

ですから、1日3食、糸こんにゃくだけを食べるというのは、栄養不足になる心配があります。

1日のうち1玉(約200g)を1~2食で食べることができますが、

「食べれば食べるほどやせるダイエット」といわれる理由がおわかりになるでしょう。

そして、1日に1食くらい好きなものを好きなだけ食べても、そこで栄養がしっかりとれるので、

糸こんにゃくダイエットには、そのスタイルこそ望ましいのです。

糸こんにゃくは淡白な味ですから、お気に入りのスープに入れて麺のように食べると、

どんな味にもなじんで飽きずにおいしく食べられます。

カロリーの高い食事をしがちな夕食に、主食として食べるのがおすすめです。

糸こんにゃくラーメンは、糸こんにゃくを麺に見立たラーメン、主食がわりに食べるダイエットです。

基本の食べ方を、野菜をたっぷり使い毒出し効果も加わった簡単レシピで紹介します。

材料(1~3回分)

糸こんにゃく……200g

キャベツ…………1/8玉

にんじん…………小1本

タマネギ…………小1個

A[コンソメ1個、水1l、塩・こしょう適宜]

1.野菜は食べやすい大きさに切り、糸こんにゃくは食べやすい長さに切る

2.あく抜きこんにゃくでも、水で洗い熱湯でさっとゆがいてにおいをとるのがおいしさの秘訣

3.野菜と水を鍋に入れ、野菜がやわらかくなるまで煮たら、(2)とコンソメを加えて3分ほど煮込む。

塩・こしょうで味を調える。※インスタントスープやいつものみそ汁に加えて煮てもOK

糸こんにゃくラーメンを1日のうちの1食として食べるだけ!

夕方や昼などカロリーが高くなりがちな食事に食べると効果的。

この分量を1回で食べてもたった140kcal。1~3食分としていますが、好きなだけ食べてOK。

残ったら冷蔵庫で保存し、翌日、火を通してから食べましょう。



☆乾燥糸こんにゃく☆5袋買うと1袋プレゼント!!
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント