FC2ブログ

おかず食べ放題ダイエット

おかず食べ放題ダイエットは、肉や魚、野菜などのおかずはたっぷり食べて、

ごはんやパン、麺類といった、主食(デンプンなど糖質)を食べないという食事法です。

私たち人間の体は、もともと糖質を毎日たっぷり食べるようにできていません。

糖質の多い穀物を栽培して食べる、さらにいえば砂糖のようなものを食べるといった食習慣は、

人類史でいえばごく最近始まったことです。

糖質は、血中で血糖に変わりますが、これがふえると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンによって血糖は筋肉などで利用されますが、余分なものは体脂肪へと変えられます。

つまり、血中から糖をすみやかに減らそうという働きが私たちの体に備わっているのです。

ですから、糖質をとるたびにインスリンが分泌され、たび重なると膵臓は疲れてしまい、インスリンの働きは悪くなります。

これが糖尿病という病気の正体です。

しかし、糖尿病と診断されなくても、食後、血中に大量にふえる血糖も、すでに血管を傷つける危険なものなのです。

ですから、糖尿病の改善はもちろん、血管を守り、膵臓を疲れさせず、

いつまでも健康を保つには、糖質を制限することが、何より効果的といえます。

ダイエットに話を移します。先にインスリンの役割のひとつに、血糖を体脂肪に変えることといいました。

インスリンが肥満ホルモンと呼ばれるのは、ここに理由があります。

人間の体の器官は、ほんの一部を除き、また、はげしい運動を行うとき以外は、

体脂肪を燃やすことで活動のエネルギーを得るようにできています。

ところが、食事で糖質をたくさんとると、糖質を優先して使おうとするのです。

これがたまになら問題ありませんが、1日のうち食事の3回、

あるいはおやつもあわせて4回もあると、体脂肪は燃やされずたまっていく一方となります。

逆に、主食を食べなければ、体脂肪は積極的に消費されていきますから、

肥満を防ぐこともできますし、いまある余分な体脂肪も燃やされていきます。

これが、主食を食べずおかずをたっぷり食べるおかず食べ放題ダイエットの効果の秘密です。

「糖質はほんとうに必要がないのか」という声が聞こえてきそうですが、

まったく糖質を含まない食品はほとんどなく、タンパク質や脂肪も、その一部はゆっくりと血糖に変化します。

ですから、私たちは、おかずさえ食べていれば、健康を保つことができるわけです。

脂っこい肉料理はたしかに高カロリーです。

しかし、私たちが太るメカニズムは、カロリーよりも、その食品がどれくらい糖質を含んでいるかのほうが、関係しているのです。

ですから、肉のタンパク質と脂肪をいくらとっても、それだけでは太りません。

ただし、甘い味つけの肉料理は注意が必要です。

まずは主食を抜くことが肝心。

厳密にいえば、糖質をまったく含まない食品はないのですが、糖質が比較的多いものは避けましょう。

昼食は、今まで通りにして

例えば、朝食ならば

トースト、ベーコンエッグ、サラダを、具だくさんスープ、ベーコンエッグ、サラダ

夕食ならば

ごはん、ステーキ、野菜の炒め物、みそ汁、ビールを、ステーキ、野菜と魚貝のマリネ、野菜の炒め物、みそ汁、焼酎

普通食のタイミングを朝食に変えてもかまいませんが、食後に就寝してしまうため、

エネルギー代謝量の少ない夕食時に普通食を食べるのは、おすすめできません。

おかずは好きなだけ食べてOK)ですが、おかずの材料となる食材のなかでも、芋類や魚や海草そのものはOKでも、

甘い味つけをした缶詰めや練り物などの加工品糖質が多いものがあります。

神経質になるとつづきませんが、食べる際には少なめにするなど少々注意を。



高級食材のフカヒレと、美味しい生の紅鮭でマリネにしました!!紅鮭ふかひれマリネ【楽ギフ_の...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント