FC2ブログ

ゴーヤドリンクダイエット

ゴーヤには、ビタミンCや、カロテン類、キサントフィル類といった高い抗酸化作用をもたらしてくれる成分が豊富です。

このおかげで、高血圧、高血糖、高コレステロールなどが防止され、生活習慣病の予防にも役立つのです。

そのうえ、皮膚を紫外線から守ってくれるので、美肌づくりにもおすすめ。

このほか、目の疲れを防いだり、加齢性白内障の進行を抑えたりするなどの効果もあります。

このようにすばらしい効果のあるゴーヤをまるごとドリンクにすれば、

これらの健康成分を余すことなくとり入れることができます。

しかも、生しぼりのドリンクは、ゴーヤに豊富に含まれているビタミンCなど熱に弱い成分を破壊せずにすむという利点もあるのです。

さらに、ぜひ皆さんに試してほしいのが、料理にするときには捨ててしまう種やわたもいっしょにドリンクにするということ。

というのも、ゴーヤの種子には、インスリンのような働きをするポリペプタイド‐Pと言う物質が含まれており、

インスリンの代用成分として、血糖値を低下させる作用があるのです。

また、わたには、食物繊維がたっぷり。不溶性の食物繊維は、腸を刺激して便通を改善してくれますし、

可溶性の食物繊維は、脂肪分を包み込んでそのまま便として排出してくれるので、ダイエット効果も期待できます。

さまざまな病気の治療や予防に役立つゴーヤドリンクは、それを飲むこと自体が、

ひとつの「治療法=テラピー」といっても過言ではないのです。

1日コップ1倍以上、食事といっしょに飲むようにすると、ゴーヤの有効成分が分解されにくく、

かつ、血中濃度を保つことができるので、より効果的です。

ゴーヤドリンクの作り方

材料 四人分

ゴーヤ 1本

レモン汁 適量

1. ゴーヤを切る

ゴーヤを切る

ゴーヤをよく水で洗い、3~4cm幅に切る。種やわたはとり出さない!

2. ミキサーに入れる

1のゴーヤとレモン汁、水をミキサーに入れる。レモン汁、水の量は好みで調整してもよい

3. ミキサーでまぜる

ミキサーを回す。長時間回すと壊れてしまう成分もあるので、10~20秒程度の短時間ですますようにする。

1日1~3杯飲めば十分です。一度にたくさん飲むよりも、少しずつ、数回に分けて飲んだほうが吸収されやすく、

より効率的ですので、朝・昼・夜の食事の際に、食事とともに飲むようにするとよいでしょう。

ぜひ、皆さんもきょうから、ゴーヤドリンク・ダイエットを始めてはいかがでしょうか。



本場沖縄のゴーヤー!【送料無料】ゴーヤ 3kg (10~15本) 宮古島産
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント