FC2ブログ

スイカダイエット

最近、ダイエットを行う人たちの間で、「体の毒出しをしよう!」ということが盛んにいわれています。

ここでいう毒というのは、私たちの体の中にたまった老廃物や害のある成分のことをさします。

体内に毒素がたまると、エネルギーの代謝機能が落ちて太りやすくなるばかりか、

さまざまな不快症状を招くことになります。

たとえば、なんとなく体がだるい、冷える、よく眠れない、頭が痛い……など。

どれもちょっとした症状かもしれませんが、体全体の機能としてみると、じつは深刻です。

なかでも、体がむくむうえに、太りやすくなったというかたは要注意。

腎臓の機能が低下している可能性があります。

では、体内の毒出し機能をアップさせてやせやすい体質になるには、どうしたらよいのか?

そこで今回、皆さんにご紹介したいのが、スイカエキスです。

というのも、スイカには、アンモニアを尿素に変換させるのを促す成分「シトルリン」が含まれているからです。

しかも、このシトルリンには、体内でアミノ酸の一種であるアルギニンに変化したのち、

一酸化窒素を生成して、血管を拡張させる働きもあります。

血管が広がると、動脈硬化などの生活習慣病が防げるのはもちろん、

血行がよくなって腎臓にも大量の血液が流れますから、尿素をはじめとする老廃物の濾過がさらにスムーズになります。

スイカの有効成分は、これだけではありません。

スイカは、活性酸素を除去して生活習慣病やガン、老化を予防する抗酸化物質・リコピンやタンニン(高濃度カテキン)を多く持っています。

タンニンには、うれしいダイエット効果もあります。

炭水化物を過剰に摂取すると、エネルギーとして消費されずに中性脂肪になって、

皮下脂肪や内臓脂肪として体にため込まれていきます。

タンニンは、この体脂肪を盛んに分解・燃焼してくれる働きがあるのです。

こうした働きを持つ成分は、なかなかありませんので、とても貴重といえます。

このほか、スイカには、腸の働きを活性化させる食物繊維も豊富。

便秘で腸内に便が滞ると、尿と同様、体内に毒素がたまってしまいますから、

スイカはここでも毒出しに一役買っているといえるでしょう。

また、カリウムも多く含まれているので、利尿作用が高く、むくみの改善にも効果的です。

スイカが持つ多彩な成分は、体内で総合的に働き、それが相乗効果となって、

内臓の働きや代謝機能を全体的に高めてくれます。

とはいえ、スイカをそのままでたくさん食べたのでは、体を冷やす心配もあります。

その点、スイカのエキスなら有効成分がぎゅっと凝縮されていますから、少量でも十分効果を得ることができます。

スイカのエキスの作り方

材料 スイカ 2kg

作り方

1.手に持ちやすい大きさにスイカを切り分け、種をとり除く

2.おろし器でスイカの赤い実の部分をすりおろす(すりおろすのがめんどうな人は、ミキサーを使ってもよい)

3.1.を鍋に入れ、弱火から中火で30~40分ほど煮詰める。

オレンジ色のアクが出てもとらないこと。焦げつきや吹きこぼれに注意して、よくかきまぜる  

とろみが出てきたら完成!鍋を火からおろす  

4.あら熱がとれたら密閉瓶に移して冷蔵庫に置く。保存の期限は1週間以内

飲み方

基本は、1日に50ml(目安はおちょこ1杯分)を2回飲む。とる時間はいつでもOK。

甘さが気になる人は、水やお湯で薄めてもよい。

ヨーグルトに加えて食べたり、料理の甘味つけに使ったりと使い方は自由自在。

なお、エキスをとる際は、水やスイカのお茶など、水分を多くとると体の水はけがいっそうよくなる。



【ラストセール】日本屈指のすいかの名産地!鳥取から食べ応え満点の甘ぁ~いスイカをお届け!!...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント