FC2ブログ

油と砂糖でダイエット

「油と砂糖をなめるだけ」で痩せる効果があるという『シャングリラ・ダイエット』には、

運動も食事制限もなく食欲をコントロールする効果があり、

さらには科学的根拠もある!といいますから何とも驚きです。

『シャングリラ・ダイエット』とは、アメリカ・カリフォルニア大学の心理学教授セス・ロバーツ氏が

開発したダイエット法で、食間に無味無臭の食材「油または砂糖」を摂取し、

脳に満足感を与えて無理なく食欲をコントロールするというものです。

脳が「食べ物を食べた」と認識しない風味の薄い油や砂糖を摂取するので、

体に必要なカロリーは供給しつつも、脳は食事と見なさない=脳をだますのが最大の特徴。

つまり、病院で行う点滴と一緒だと考えると分かりやすいかもしれません。

点滴をしている最中というのはお腹がすくことはありません。

よって『シャングリラ・ダイエット』を実践すれば空腹を感じることなく、

食欲の暴走がなくなり、痩せやすくなるというわけです。

『シャングリラ・ダイエット』でキーワードとなるのが「セットポイント」というもの。

この「セットポイント」とは、脳が適正と判断している体重のことで、

私達の食欲は、この「セットポイント」に左右されているのだとか。

例えば、「セットポイント」が実際体重より上だと、体はセットポイントを目指して食欲を増進させる。

逆に下だとセットポイントに戻すため食欲は減退するという仕組み。

つまり、「セットポイント」を下げれば食欲が抑えられ痩せやすくなる!ということになりますね。 

開発者のロバーツ氏が解説するに、「人間は飢餓に備える本能から、何も食べない時はセットポイントがゆっくり下降します。

しかし、何も食べずにいるのは不可能。そこで、風味のない油や砂糖等の食べ物を摂取します。

すると脳をだましつつも必要カロリーは供給でき、セットポイントだけが低下します」とのこと。

以上のことから、油と砂糖が「セットポイント」を下げる! という理論にたどり着くのです。

1つめのルールは、砂糖水(上白糖やグラニュー糖etc)か風味の薄い油(しそ油やキャノーラ油etc)を1日に100~400kcal分摂取すること。

落としたい体重が9kg以下の場合、砂糖なら大さじ4と少々、油なら大さじ1と半分。

好みにより砂糖か油一方だけでもOKです。

2つめのルールは、食前食後1時間以上あけて砂糖か油をとること。

上記の量を1日数回に分けてとりたい場合は、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食から寝るまでの間で摂取。

食事や間食と一緒にとるのはNG。

上記の2つのルールを守りさえすれば、外出先でもカフェでも実践可能なわけですから、

お金も手間もかからないと思いませんか?

単品or絶食ダイエットとは違うので、健康面での問題はなさそうですが、

砂糖水や油を飲むことに抵抗を感じてしまう人は厳しいかもしれません。

しかし、脳をだまして満足感を与え、無理なく食欲をコントロールしてくれるという点は非常に興味深いもの。

結果、ムダ食いが減ったり、適切な食事量が分かるとなれば、一度は試したくなりますね。



"しそ油(エゴマ油)でダイエット!?油で脂を燃やす!?"「健康しそ油(えごま油)」230g
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント