FC2ブログ

ゼロカロリー、カロリーオフ飲料は本当に太らない?

最近飲料などで良くみかける表現、無、ゼロ、ノン、レス、低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ……などなど、

ダイエットを心がける人にとって、気になるものも増えているのではないでしょうか。

実はこれらの表示は規定があって、何にでもつけられるわけではなく、

その概要は厚生労働省が「栄養表示基準に基づく栄養成分表示」の中で定めているものなのです。

では、その内容を早速みていきましょう!

無、ゼロ、ノン、レスといった「含まない」意味の表示用語ですが、

食品も飲料も100g(100ml)あたり5kcal未満の場合に表示可能というガイドラインがあります。

確かに数字としてはとてもカロリーが低い印象がありますが、この数字はちょっと注意したいポイントもあるんです。

【ガイドライン】

含まない(ゼロ、レス、ノン、無の表示)

飲料のカロリーの場合、100mlあたり5kcal未満。

糖分の場合、100g(ml)あたり0.5g未満

つまり、ペットボトル1本(500ml)を飲んだ場合、商品によっては実は1本あたり24kcalはあるかもしれない、と言えます。

全くのカロリーゼロではない場合もあるので、憶えておくと良いでしょう。

カロリーオフ飲料は500mlペットボトル1本99kcalかも!?

低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフといった「低い」意味の表示用語は、

食品は100gあたり40kcal、飲料は100mlあたり20kcalという基準値以上減少していること、とされています。

つまり、ペットボトル1本(500ml)の場合は、1本飲むと99kcalはあるかもしれない、ということになるわけなのです!

低カロリー飲料は、成分表示が100mlあたりで表記されていることが多いので、一商品あたりに置き換えて計算する必要があり、

こちらも気をつけたいところですよね。

【ガイドライン】

低い(低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ)

飲料のカロリーの場合、100mlあたり20kcal未満。

糖分の場合、100mlあたり2.5g未満

清涼飲料のカロリーは、そのほとんどが糖分由来のもの。

つまり甘みのカロリーを控えれば、ほとんどカロリーゼロに近い状態となります。

そんな中で最も多く使われている低カロリー甘味料のひとつ「アスパルテーム」。

たんぱく質の成分で、砂糖の1/200の量で甘みを感じる性質があるので、結果的にとても低カロリーになるというわけです。

また「ステビア」も同じく低カロリーの天然甘味料で、砂糖の200~300倍の甘さを持つと言われています。

ゼロキロカロリー飲料に最も多く使われるのは「エリスリトール」。

糖アルコールの一種で、白ブドウ果実やキノコの他、ワイン・清酒・醤油・味噌など、発酵食品に含まれている天然の糖質です。

血中では代謝されない性質があるので、カロリーはゼロと算定されています。

結論から言えば、ゼロカロリーという表示の商品は、確かに低カロリーだと言えます。

毎日これらを1本程度飲んでいるのであれば、太る心配はないと考えられます。

ただし健康上は、ひとつの食品を大量にとることは避けるのが無難なので、

ゼロカロリーやカロリーオフの飲料ばかりを何本も飲むよりは、お茶やお水と併用しながら暑い時期を賢く乗り切って下さいね!



★商品金額合計1,800円以上で送料無料★サントリーフーズ ビタミンウォーター 2L×6本
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント