FC2ブログ

太らないアイスの食べ方

日本アイスクリーム協会の調査によると、日本人が好きな嗜好品の第1位は1997年以来ずっとアイスクリーム。

年齢性別を問わず、みんなが大好きなデザートなのだそう。

そして、約4割の人が月に1回以上は食べ、

最も食べたくなるタイミングは「お風呂のあと」「お酒を飲んだあと」だという興味深いデータも。

一方で「食べたくても量を控える」「量より質を重んじる」という方が近年は増えてきたのだそう。

大好きだけれど太りたくない、とダイエットを気にするアイスファンの切ない(?)心理がうかがえます。

さて、アイスクリームは太るかどうか。これに対する答えは、NOだとも言えます。

「アイスクリームだから太る」ということではなく、どんな食品であっても、条件は同じ。

食べ方を間違えば肥満につながりますが、食べ方のコツさえ知れば、ダイエット中でも食べてOKです!

ということで今回はアイスの太らない食べ方をご紹介していきます。

まずは、アイスと一口に言っても、種類はさまざま。

まず最初にダイエッターがチェックしておきたいのは、アイスに含まれている脂肪の量です。

乳脂肪が多いものから順にアイスクリーム(ハーゲンダッツアイスクリームなど)、

アイスミルク(イタリアンジェラートなど)、ラクトアイス(明治エッセルスーパーカップなど)、

氷菓(かき氷やシャーベット)という名称が表記されています。

でもカロリーはそれに比例しないものもあるので、注意が必要。

例えばラクトアイスは乳脂肪の代わりに植物性脂肪(植物油)を加えるので、カロリーはアイスクリームより高い場合も。

■種類別のカロリー

※100gあたり五訂食品成分表数値より

アイスクリーム(高脂肪、乳脂肪12%)……212kcal

アイスクリーム(普通脂肪、乳脂肪8.0%)……180kcal

アイスミルク(乳脂肪6.4%)……167kcal

ラクトアイス(普通脂肪、13.6%)……224kcal

ラクトアイス(低脂肪、2.0%)……108kcal

ソフトクリーム(乳脂肪5.6%)……146kcal

乳固形分3.0%未満のものは氷菓と呼びます。

どんなアイスが太りやすく、スイーツと比べて太るのか……? などなど、疑問はつきないところ。

太りやすさの面から解説するのなら、アイスであろうとスイーツであろうと同じで、

カロリーが高いものほど太りやすくなります。

さて、それではどう食べたら太らないのか。そのポイントは4つです。

ダイエット中は以下をふまえて、食べる前・買う前のカロリーチェックを忘れずに。

控えめにしたいアイス ベスト3

1. 大きさとカロリーは大抵比例します。大サイズは避けましょう!

2. リッチなタイプのかき氷は練乳や糖分たっぷりで高カロリーのものもあるので要注意。

3. チョコ、あんこ、ナッツ、ワッフルコーンは高カロリー。ダイエット中はこれらの入ったものは控えめに。

アイス選び3つのコツ

1. アイスクリーム<アイスミルク<シンプルな氷かフルーツシャーベットをチョイス。

2. フレーバーによる差は微少なので、好きなものを選びましょう。

3. 空気の量が多いソフトクリームは、カロリー控えめで比較的安心。

午後食べると太りにくい!

一番太りにくいのは、午後15時~18時の間に食べること。

この時間は1日で最も体温が高く、太りにくい時間帯。飲んだ後や夜中のアイスの誘惑に負けないで、

ダイエット中どうしても食べたい場合は午後の時間に食べると良いでしょう。

プレミアムタイプのアイスクリームは、濃厚で美味しいけれどカロリーは高め。

そうしたものは、サイズの小さいものを選びましょう!

ダイエット中のおやつのカロリーは、1日必要カロリーの10%程度が目安。

例えばハーゲンダッツのマルチパック(1個75ml)は1個あたりが160kcal代で、ダイエット中にぴったりのサイズです!

アイスクリームショップで、例えば好きなフレーバーを2種類選んでダブルにし、ワッフルコーンに乗せてもらうと、

それだけで400kcal程度と結構なカロリーに。

市販のパッケージものと違って容量がわかりにくいショップでは、シングルサイズにして量をセーブするのも忘れずに。

ちょっとしたコツをつかめば、ダイエット中でも好きなアイスを食べることは可能。

この夏はアイスも食べつつ、ダイエットも成功へ。夏太り知らずのダイエッターを目指しましょう!



2個ずつ入って楽しめるハーゲンダッツ マルチパック(グリーンティー・バニラ・ラムレーズン)...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント