FC2ブログ

リバースダイエット

リバースダイエット。簡単に説明すると、朝食と夕食を入れ替え、食事量を朝食>昼食>夕食と徐々に少なくしていく方法。

その具体的なやり方&1週間で確実に効果を出すためのルールなどについて、次から詳しく解説していきます。

朝食と夕食を入れ替える「リバースダイエット」では、朝から焼肉やカレーといったカロリーの高いメニューを食べてもOK!

朝食に高カロリーの食事を摂取しても、その日一日活動している時間内に効率良く消化吸収してくれるので、

エネルギーもどんどん消費できるというわけです。

いっぽう、特に激しく活動することもなく、あとは寝るだけ……

という夕食に高カロリーの食事を摂っていてはカロリーを効率よく消費できず、余ったカロリーは脂肪となるだけ。

さらに、夜の10時以降は「ビーマルワン」という脂肪を作り溜めこもうとする酵素が体内で急増するのですが、

逆に朝の6時以降は「ビーマルワン」がどんどん減っていくのです。

つまり、

寝る前に大量に摂取したものは寝ている間には消費できない→太る⇔朝食に大量に摂取したものは日中に消費できる→痩せやすくなる

ということになります。

朝からたっぷりの食事を摂ることで昼食は空腹感が和らぎ少量で抑えることが可能に。

そして夕食は、普段朝食で食べているような少量のもので済ませることで、

さらにダイエット効果が高まるのがリバースダイエットで痩せる理由となります。

また「リバースダイエット」では、朝食と夕食を入れ替えるだけなので、

細かくカロリー計算する必要がないのも嬉しい点。ダイエットの大敵であるストレスとも無縁です。

「朝起きてすぐにそんな食欲なんて無い!」という人も多いもの。

でもそれは、前日の夕食を食べ過ぎているため、睡眠中に充分に消化ができていないのが原因です。

胃が空っぽであれば起床後すぐでも食欲はあるもの。

夜の食事が少ない生活を実践すれば、朝は空腹で目が覚めるという快感を実感することができるでしょう。

最初のうちは夕食が少なくて多少のストレスを感じることもありますが、

「朝になればお腹いっぱいに食べられる!」と思えば、「リバースダイエット」を継続していくことができますよ。

また、朝食をたっぷり食べるためには、夜のうちに翌日の朝食の仕込みをすることが必要になるのですが、

こういった行為が朝食への楽しみをアップさせると同時に、

起床後もさほど時間をかけずに食事の用意をすることを可能にします。

朝食に時間をかけられるので、朝から充実した時間が過ごせるのも◎。

さらに、夕食が少なくお腹がすいてしまうため早い時間に就寝する、という良い習慣も身につきます。

不規則だった生活習慣を改善できるチャンスにもなるので、

ダイエットだけでなく、健康面でも良い結果が期待できる方法というわけです。



お取り寄せ口コミで評判、通販で人気のおいしい味噌。国産原料100%無添加生のみそ。ご当地グル...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント