FC2ブログ

ダイエット臭の原因

「ダイエット臭」という言葉を聞いたことがありますか?

食事を抜いた空腹状態の時、口の中が臭うような感じがする経験は誰でもあると思いますが、

これも不規則な食生活による「ダイエット臭」というようです。

ダイエットで体重を減らすことだけ必死になるあまり、

自分の体から臭いが出ていることに気付いていないor自分の臭いに慣れてしまっている可能性大!

「ダイエット臭」が起こる主な原因は、極端なカロリー制限や炭水化物抜き等による、

間違ったダイエットをしていることが考えられます。

食事だけによる極端なダイエットだと、筋肉量が低下し基礎代謝も低下、

また、エネルギー変換の代謝もスムーズに行われなくなります。

このように体が飢餓状態になった場合、私たちの脳は脂肪やタンパク質(筋肉、皮膚、内臓)を分解して糖質を作ろうとします。

この時、脂肪のままではエネルギーとして利用できないため、脂肪酸というものから糖質を作り出します。

このように、通常とは違う代謝方法が行われると、脂肪酸をスムーズにエネルギーとして変換できなくなることで

「乳酸」や「ケトン体」というものが生み出せされ、これが「ダイエット臭」を引き起こすといわれています。

つまり「ダイエット臭」は、体が飢餓状態で基礎代謝が落ち、

体がなんとかエネルギーを生み出そうと不完全燃焼をしている過程で生じる「副産物」というわけです。

ダイエットによる基礎代謝の低下が続くと、熱を生み出しにくくなるだけでなく、体の血行が悪くなります。

代謝効率の悪い状態で糖新生が行われると、疲労物質である「乳酸」というものが発生します。

「乳酸」はアンモニアと一緒に汗の中に出る性質があり、汗をかいた時にアンモニア臭さが強くなります。

急激なダイエットや運動不足で代謝が低下し、脂肪酸が完全燃焼されずに余分な脂肪酸が血中に増加すると、

飢餓臭ともいわれる「ケトン体」という臭い物質が肝臓で生産されます。

「ケトン体」は糖尿病の際に出る臭いと同じで、強烈なニオイ物質でもあるとか。

この「ケトン体」が血中に増加すると、口臭、体臭、尿の中から等、

体全体からツーンとした「ダイエット臭」を発散させることになります。

「ダイエット臭」がするということは、実践しているダイエット方法が間違っているということの証明でもあります。

代謝機能が正常に保たれていれば「ダイエット臭」は生じないわけですから、

ダイエットの過程で気付く臭いは

あなたの代謝が機能していません!

ダイエットは間違っています!

という危険信号でもあるのです。

しかし、臭いの原因がまさかダイエットにあるとは思わずに、

痩せたいあまりに今までのダイエット法を続けてしまうと、最終的には自律神経系やホルモン系が乱れ、

疲労感、生理不順、めまい、しびれ等の体の異常をもたらしてしまいます。

ダイエットを止めても、「ダイエット臭」だけが残ることもありますので注意したいものですね!



【和歌山県産紀州南高梅使用】IKKOさん大絶賛!の梅が入った紀州南高梅入った52%OFF!有名お取...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント