FC2ブログ

食べないのに痩せない

「1日1200kcal以下に抑えているのに痩せない」

「炭水化物はほとんど食べず、野菜ばかり食べているのに逆に体重増」

「食べる量が少なく常にお腹がすいている状態……、だけど体重に変化なし」といった、

「食べていないのに痩せない!」状態に悩んでいる方に、その理由と対策をご紹介したいと思います。

ダイエット中にありがちな「食事量を極端に減らす」「カロリーを制限する」「太りそうな食材はカットする」等といった方法。

実は、これらが、痩せにくい体を作っている理由。

現代人は、「食べないから痩せる」のではなく、「食べないから太る」という人が多いものなんです!

その理由は、ダイエットによる栄養失調を体が察知し、

カロリーをなるべく消費しないようにと生命の防衛本能が働いてしまうから。

食事を制限すれば、食べない分、体重が減るのは当然。

一方で、胃腸の働きは鈍り、体は飢餓状態だと錯覚。

結果、カロリーを消費しない、脂肪を燃やさない、ダイエット効率の悪い体に陥ってしまうというわけです。

食べた物を消化、吸収、代謝するときに、体の中ではたくさんのエネルギーが使われるので、大量のカロリーを消費するもの。

しっかり食べて胃腸を活発に動かせば、それだけでカロリーが消費できるのです。

とは言え、好きなものをやみくもに食べてOKというわけではありません!

ダイエット効率に役立つ食材や食べ方のコツなど、食べて痩せる正しいダイエット方法をご紹介しています。

極力カロリーを摂りたくないから、こんにゃくや寒天でお腹を満たす。

サラダにかけるのはノンオイルドレッシングで、飲み物は水かゼロカロリー&ローカロリーの清涼飲料水。

肉・油・炭水化物を極力食べずに、サラダばかりを食べる食生活……。

このような食生活だと必要な栄養が不足し、消化・吸収・代謝機能が低下してしまいます。

また、ゼロカロリー&ローカロリーは熱量がない食材なので、体が熱を生み出せずに冷えを招いてしまいます。

冷えると体は脂肪を蓄えようとするので、ますます脂肪を燃やすことは困難に!

さらに、「食べる量を減らしているのに痩せない!」とどんどん摂取カロリーを減らす食生活を続けてしまうと、

少し食べても太ってしまう体質になってしまうので注意しましょう。

ゼロカロリー、ローカロリーをダイエットに活用するのがダメなのではなく、そればかりを食べるのが問題。

必要最低限に留めた方がベターです。

ダイエットには大敵と思われがちで、できるだけカットしようとする人も多い油。

ですが、油も良質の物を選べば、ダイエットの強い味方になってくれるので、しっかり摂取することが大事です。

良質の油とは、天然の植物性オイル(オリーブオイル、しそ油、えごま油、亜麻仁油、ごま油)等、原料を生搾りしたもの。

良質な油は、女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、

ダイエットにありがちなイライラや暴飲暴食を防ぎ、ストレスのないダイエットを行うことができます。

油は加熱すると酸化してしまうので、ベストな摂取方法は生で食べること。

一日小さじ2~3杯程度の油を、サラダ、煮物、味噌汁、スープ、和え物に加えて食べましょう。

その他、アボカドやナッツ類にも良質の油が含まれているので積極的に!



美容と健康に欠かせない、オメガ3を上手に摂取!▽《オメガ・ニュートリジョン社》フラックスオ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント