FC2ブログ

ゴールデンキャンドルダイエット

ゴールデンキャンドルは別名キャンドルブッシュとも呼ばれている熱帯地方原産の植物です。

日本ではハネセンナとも呼ばれています。

ゴールデンキャンドルは、インドネシアやインド、スリランカなどの湿地帯に自生するマメ科の植物です。

学名はカッシア・アラタ、中国名でタイヨウトウ、英国名はゴールデンキャンドル(またはクリスマスキャンドル)と呼ばれています。

ゴールデンキャンドルは、鮮やかな黄色の花をつけ、高さ1~4mの落葉低木で、

枝は緑色、葉は羽のように左右対称をしているのが特徴です。

この植物は、インドネシアでは、1300年も前から民間薬として重宝されているたいせつな生薬。

現在でも、葉を煎じて、皮膚病や便秘を治したり、エキスを肌に直接ぬり、

かゆみやタムシ、虫刺され、傷の治療などに用いられています。

薬用以外にも、観賞用や日よけ樹として利用されています。

私たちがふだん食べているタンパク質、脂肪、炭水化物が腸管の運動できちんと消化、吸収し、

よけいなものは体外へ排出されるというのが規則的なリズム。

このリズムが正常に行われていると、人間の体は、体重が大きくふえることも減ることもないのです。

このリズムが崩れると、体重が大きく増減したり病気の引きがねになったりするのです。

そこで、重要なのが腸などの消化器官です。

若いうちは活発にリズムよく活動しているのですが、年をとるにつれて腸管のなかに食べたものがたまりやすくなります。

そうすると大腸の動きが鈍くなり水分の吸収だけが進み、便秘になります。

水分の吸収がうまくいかないと宿便になったり(便秘)、下痢になったりしてしまうのです。

このように、腸管の排泄運動が悪くなると、血中のコレステロールなどの排出にも影響してきます。

体に不要なものがどんどんたまってきて、代謝が悪くなり、肌に吹き出物ができたりしてしまうのです。

この腸管運動のリズムを保つのに積極的に働くのが、食物繊維なのです。

このゴールデンキャンドルには前述したように、繊維がたっぷり含まれています。

食物繊維。ゴールデンキャンドルには、100g中42.4gと

一般的に繊維が豊富だといわれている蒸したさつまいも(100g中2.2g)とくらべてもその差は歴然です。

また、アントラキノン、タンニン、フラボノイド(ケルセチン)などの抗菌作用の強い成分や

ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれているのも特徴です。

また、クリソフェノール(植物中に含まれる下剤の一種。血液を介して大腸腔に分泌され、

アントラキノンとして腸管を刺激する)も多く含まれています。

これらの成分が体外排出を促進して便秘を解消してくれるのです。

便秘が解消されることで、体内の余分なものがどんどん追い出されます。

そうして少しずつ生体機能のリズムが正常になると、肥満も無理なく解消し、

各個人に見合ったベスト体重を保つことができるのです。

用意するもの(2~3杯分)

ゴールデンキャンドルのお茶のティーバッグ1袋

お湯2リットル

1.ティーバッグ1袋を入れたやかんに、2リットルの沸騰したお湯を入れる。5分ほど弱火で煮出す

2.薄茶の色がでてきたらでき上がり。冬はあたためて、夏はアイスにしてもおいしい

ゴールデンキャンドルのお茶は、1日何回、何杯飲んでも大丈夫。

食事中、食後はもちろん、ジュースなどカロリーのあるものを飲むかわりに飲めば、

ダイエット効果は一段と高まるでしょう。

また、ダイエットをしていない人も日々の健康のために、このお茶を飲むことをおすすめします。

フラボノイドやポリフェノールなどの抗酸化成分も含まれていますので、スキンケアにも効果を発揮します。

ゴールデンキャンドルのお茶をそのまま化粧水として肌につけると美肌効果も期待できます。

また、小さな布に入れた茶葉を入浴剤としてお風呂に入れる方法もあります。

血行が促進され肌の新陳代謝が高まるので、冷え症などにも効果があります。

ゴールデンキャンドルのお茶を飲んでいるからといって、今までと同じようにケーキやお菓子などを間食していては

意味がありませんので、出来るだけ控えるようにしてください。

※バランスのとれた食事を摂り、適度な運動を心がけてください。



送料無料のチャンス!!200万包突破のデトックティー!サロン売れ筋 No.1★ゴールデンキャンド...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント