FC2ブログ

不必要な糖をカットする代替品の利用法

ダイエットの大敵「糖」の摂取を抑えるために、シュガーレス食品を利用する方法をレクチャーします。

満足できる甘みが低カロリーでとれるようになるので、甘いモノ好きな人は必読ですよ!

「糖」と一言でいっても、種類はたくさんあります。

砂糖はもちろん、炭水化物と呼ばれているものも糖質。つまり炭水化物が多く含まれているご飯や芋類も、「糖」なのです。

例えば、洋菓子と和菓子、カロリーが低いのはどっち?と聞かれたら、和菓子が正解。

同じ甘いものでも、高カロリー源の脂質類(バターや生クリームなど)が洋菓子には多く使われているのに比べ、

和菓子はあまり使われていません。

ところが糖分の量だけをみると、和菓子のほうが断然多いのです。

それは和菓子によく使われる餡、つまり豆類にたくさんの糖質が含まれているため。

つまり低炭水化物ダイエットなど糖質を減らしたい時は、和菓子よりも洋菓子を選ぶほうが効果的ということになります。

とはいっても、和菓子を遠ざける必要はありません。

もともと脂質が低いので、糖質さえ抑えられればダイエットにピッタリのお菓子になります。

ではどうやって糖質を抑えればよいのでしょう?そこで甘味料の登場です。

今日まで、いろいろな甘味料がうみ出されてきました。

虫歯予防でよく耳にする「キシリトール」、これも甘味料の一種です。

甘味料には、大きく分けて糖質系と非糖質系の2種類があります。

前者は体にエネルギーとして吸収されにくいもの、

後者は砂糖の数百倍もの甘みがあるので使用量がすくなくて済み、結果として低カロリーになるものです。

甘味料には、原料からくる独特の甘みがあります。

口に残る味や風味にそれぞれの特徴がありますから、味や用途によって使い分けることをおすすめします。

まずは一度試してみて、好みのものを探してみましょう。

ここで、ちょっとおさらいですが、糖質が体のエネルギー源になるのは、皆さんすでにご存知ですよね。

運動前にご飯やパスタなどの糖質の多い食事をすると力が出ますが、

非糖質系甘味料はエネルギー源にはならないのでご注意を!

ダイエットで糖質をカットするといっても、必要最低限の糖質(1日約150g)はしっかりとりましょう。

意外と飲み物のカロリーは見落としがち。

コーヒーやお茶に入れる砂糖を甘味料にすれば、自然と飲み物のカロリーを抑えられます。

これが一番手軽な糖質カット法でしょう。

最近では、ダイエット甘味料が喫茶店やレストランにも常備されているので、外食の時でも砂糖を使わずにすみます。

またお菓子を手作りする時、使用する砂糖の多さに驚くことはありませんか。

甘味料は、砂糖と同程度の甘みを出すのに使う量が少なくてすみますから、かなりのカロリーをカットできます。

これなら間食しても安心ですね。

和菓子は、砂糖を甘味料に変えれば、脂質と糖分が抑えられたダイエットに理想的な一品になります。

さらにお料理に使う場合は、副食に使用する砂糖をダイエット甘味料に変えれば、簡単に余分な糖質を抑えることができますよ。



砂糖と同じ甘さでカロリーわずか1/7。マービー ダイエット甘味料7分の1(500g)×12 送料無料 【...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント