FC2ブログ

ダイエット中は、積極的にひじきの摂取を

乾物売り場に並んでいる「ひじき」には、たくさんの栄養が詰まっているのを知っていますか?

生の食材に太陽の光や風で栄養成分・旨味・香りをギュッと濃縮させるので、栄養密度がぐんと増えるのです。

例えば、女性に必要不可欠な鉄分がほうれん草の27倍、カルシウムは牛乳の14倍という驚異的な量!

さらに食物繊維は寒天やきくらげに続く含有量なので、便秘にお悩みの方にはおすすめです。

また、利尿作用のあるカリウムや、新陳代謝を良くする亜鉛、手足のむくみを取ってくれるマグネシウムなど体に良い成分ばかりが詰まっています。

貧血を防いだり美肌づくりに役立ちますね。

鉄分を始め筆頭にどの栄養素も高値なのに、とっても低カロリーです。痩身と美容の心強い食品です。

ダイエット中の女性をはじめ、美と健康を保ちたい人は積極的に「ひじき」を摂取したいものです。

ひじきはほどよい弾力があるので、食べる時よく噛まなければいけません。

噛めば噛むほど味わいが増し、さらに口と脳を満足させることができます。

しかもおなかの中で膨れるので、空腹感を防げます。

こうしたことから、ご飯にひじきを食べるれば、つまみ食い防止に繋げられるので、

ダイエット中の空腹感に耐えらず間食が止められないという人におすすめです。

ひじきの鉄は野菜や穀物に含まれる非ヘム鉄といって、肉や魚に含まれるヘム鉄よりも体内への吸収率が低いことが知られています。

非ヘム鉄は、ビタミンCや動物性たんぱく質とあわせて摂るとグンと吸収力が高まるので、

じゃが芋やさつま芋、レモンを使ったドレッシング、また肉類や魚介類と組み合わせて食べるとよいでしょう。

ひじきの煮物に牛肉を加えたり、卵焼きにひじきを入れるといった方法があります。

その他にも、頭の片隅にそんな知識を入れてオリジナルのレパートリーを増やしてください。

料理に使う上で注意したいのが「塩分」。ひじきには10gあたり0.4gの塩分が含まれます。

日本人の1日の塩分摂取量は、女性が8g、男性10g。ひじき100gで1/2量を摂取したことになります。

レシピにある“塩少々”とか“塩ひとつまみ”が約0.6gといわれていますから、ひじきを使った料理の仕上げにはお塩を控えるしょうにしましょう。「かなり薄味になってしまうのでは」と思われるかもしれませんが、塩を加えなくても、磯の香りで十分な味わいを楽しめますよ。

ひじきは、具材にさっと混ぜるだけで立派な一品になります。

これからの季節、冷やして食べるとサッパリした味付けになるので、食欲が落ち気味の夏場でもおいしく食べられます。

ひじきが黒いのは、干して水分をとばすことで、ヒジキに含まれる「タンニン」と呼ばれる成分が空気中で酸化され、

褐色から黒色へと変化するためです。

「タンニン」は紅茶やワイン、柿の渋みなどと同じ成分の“ポリフェノール”の一種。

体内の中性脂肪を分解する酵素の働きを手助けします。

また、脂肪分が胃や腸から吸収される前に吸着して体外に排泄するので、脂肪が吸収されにくい作用があるといわれています。

ちなみにひじき(海藻類)のタンニンは、フロログルシノールという物質から作られるフロロタンニン(別名、海藻タンニン)と呼ばれ、

強い還元作用(酸化抵抗作用)を持っています。紫外線から肌を守る働きがあるので、これからの季節、女性には強い味方ですね!



身の締り最高!煮崩れの問題解消♪栄養素がタップリ♪伊勢志摩産の伊勢ひじき65g×3袋[三重県]
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント