FC2ブログ

チーズダイエット

チーズというと、「脂質が多い」と敬遠する人もいるのでは。

しかし、チーズはカルシウムや良質のたんぱく質の宝庫で、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB群も豊富です。

さらに見方を変えれば、多く含まれる脂質によって腹持ちもよく、ダイエットに役立てられる食材です。

そもそも、脂質は体調維持する上で必要なもの。脂質を構成している脂肪酸の中には体内で作ることの出来ない

必須脂肪酸(リノール酸やα-リノレン酸など)があり、欠乏すると発育不全や皮膚の角質化などが起こります。

また脳や神経系の働きにも深く関わっています。

特にチーズに含まれている脂肪分は、小さな脂肪球なのでほとんどが食べてすぐに消化されるので、

他の食品と比べて太りにくいというメリットがあります。

それに乳酸菌や酵素の働きにより、たんぱく質がペプチドやアミノ酸に分解され、

牛乳よりも消化がよいのが特徴です。

ただし、チーズだけの単品ダイエットは、栄養が偏りがちです。

チーズには食物繊維、ビタミンCなどはまったく望めませんので、

低カロリー食品と組みあわせ、チーズに望めない栄養素を他の食品で補うような食べ方をすることが重要です。

それに塩分が高いことに注意!

ほどよく塩気がきいているので、つい食べ過ぎてしまいます。

少量を切って小皿にのせてから食べるなど、量を調整する工夫をするようにしてみましょう。

カロリー面から言うと、ダイエットには脱脂乳が原料となっているカテージがお勧めですね。

リコッタ(チーズを作った時に出た乳清をさらに加熱して作る水分が多いチーズ)も 100gあたり146kcalと低カロリー。

しかしチーズのこくや風味はカロリー・ビタミン・ミネラルの量にやや比例する傾向にあるので、

低カロリーのチーズの味はあっさりさっぱり。

そのまま食べるのはちょっと物足りないかもしれません、

サラダにまぶしたり、お菓子の材料に使ってみるとちょうど良い味わいが出ますよ。

逆に高カロリーのパルメザンなどは、そのこくの深さから少量でも満足感が出るという特徴を活かして、

すりおろしてパスタにかけるなど、量をコントロールするようにしましょう。

プロセスチーズは、酵素や乳酸菌の働きを止めて一定の味にし、保存性を高めてあるので、

冷蔵庫に常備して小出しにして食べることをお勧めします。

ちなみに主な6Pチーズの1ピースは、約80kcal。摂取したカロリーが分かりやすいので、食べる目安にしてみては。

「完全栄養食品」と呼ばれるチーズは、栄養価が高い「乳」を約10分の1に濃縮しているものなので、

牛乳に含まれる栄養分(6Pチーズ1個程度で牛乳ビン1本分)が凝縮されています。

前述したように、チーズ単体でのダイエットは危険。

他の食材と組み合わせて、ヘルシーでスリムなカラダ作りを目指しましょう。

そこで、チーズと食品の組み合わせについて、頭の片隅に入れておきたいことを3つ。

カルシウム(チーズ)はたんぱく質(特にリジン、アルギニン)と一緒に食べると吸収促進につながります

ex.イワシ、アジ、豚肉など

カルシウム(チーズ)の運搬役として働くビタミンDと一緒に食べると、骨への取り込みをよくします

ex.あんこうの肝、身欠にしん、しらす干し、いくらなど

カルシウム(チーズ)の吸収を阻害するリン酸塩、シュウ酸、フィチン酸を含む食品と組み合わせには気をつけて

ハム・ソーセージなどの加工品、インスタント食品、ほうれん草、枝豆など

また、お酒(特にワイン)を飲むとついついチーズを食べたくなりますが、

少量でもボリュームがあり栄養価も高いので、この際ぐっとガマン!

おつまみはスティック野菜や温野菜に少量チーズをあしらうなど、

ステキに盛り付けて見た目の満足感を得るとともに、食べる量を調整しましょう。



チーズケーキ風?オードブル風?お好きなクリームチーズが2個選べる!【送料無料】6月出荷分★...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント