FC2ブログ

ダイエット中の賢い食べ方

いか、たこ、貝類、白身魚は低カロリー。ダイエットに強い味方の食品です。

例えばいか。いか刺しにはじまり煮物や屋台のいか焼きなんかもありますね。

和風パスタいか明太も絶妙のコンビネーション、そして、駅弁人気No.1の座を揺るがさない森駅のいかめし…etc.

あげたらきりがありませんね。これらのいか料理、実はカロリーが全然違うのですよ。

例えばいか刺し。1食分のカロリーをステーキ肉に換算すると、約1×1cm角1切れ分。

これがいか天やいかフライになると4切れ分、つまり約4倍になります。

同じいかを使っているのになぜこんなにもカロリーが変わってくるのでしょうか?

天ぷらとフライのカロリーが高くなってしまうのは、実はいかにつける衣と揚げた時に吸収する油が原因なのです。

具材の大きさや切り方によっても違いますが、衣と油が加わることで、こんなに高カロリーになってしまいます。

揚げ物が高カロリーになってしまうのは、油と油を吸った衣のせい。

いか自体は油を吸いませんが、衣が油を吸って高カロリーになるのです。

「低カロリーだから」とわざわざいかを選んでも、天ぷらやフライを食べていたら意味がありませんね。

さらに、いかフライにはタルタルソースたっぷり!これでは高カロリー食に早変わりです。

煮物のみりんも然り。水代わりに料理酒を使っている人はいませんか。これらの調味料、意外にもカロリーUPの原因です。

「でも調味料がなければ味がない・・・」と思ってしまうなら、揚げ物には、柑橘類の絞り汁やお酢で食べてみてはいかがでしょう。

さっぱりしていておいしいですよ。それに気になる塩分もカットできます。

からしやわさびといった香辛料で変化をつけるのもいいですね。

煮物もみりんと砂糖のダブル味付けから卒業して、「みりんを使ったら砂糖は使わない」、

「砂糖を入れたらみりんは入れない」といった調理のマイ・ルールを作りましょう。

こうすることで、素材そのものの甘味も存分に味わえます。

それでもいかフライやいか天ははずせないという方も多いと思います。

ただ、いつも同じ食べ方ではなく、時には調理法をかえて違った味を楽しむのもいいのでは?

例えば炒め物や煮物ならば油をあまり吸収しません。

そして、いかのいいところはたんぱくな味が和洋中華を問わずどんな野菜との愛称もバッチリなこと。

何よりダイエット効果を狙うなら、やはり生が一番。よく噛んでいかの食感を味わうことで満腹度もUPします。

例えばいかフライを食べるならば、副菜をプラスするのをお勧めします。

いかフライとキャベツのせん切り、みそ汁、ご飯という定番にきゅうりとわかめの酢の物やきんぴらなどの小鉢料理を

一品追加することで、 P:F:Cバランス(たんぱく質:脂質:炭水化物のバランス)もぐっと変わってきます。

食物繊維が少ない点もカバーできます。

単品をプラス副菜の定食にすることによって単品のばらつきを補い、平均的な食事になることがわかりますね。お腹と目の両方で満足できます。

新鮮ないかをさっぱりといただくことが、ダイエット中の賢い食べ方です。



美味しさの秘密は細さにあり!極細イカそーめん(真いか細造り)500g[送料無料]いか【smtb-t】イ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント