FC2ブログ

ダイエット中のカシコイ丼ものの食べ方

カツ丼、天丼、親子丼….etc.丼ものが嫌いな人ってあまりいませんよね。

最近では、ロコモコやタコライスなどの洋風丼も人気ですが、

丼ものの歴史は古く、江戸時代にうなぎの蒲焼をご飯の上にのせたことから始まっているといわれています。

定食屋さんやお蕎麦屋さんには必ず丼ものがあり、その見ためや食べやすさから昼食の人気アイテムになっています。

深川の深川丼、日本橋の親子丼、ご当地丼なども多くあり、そこに日本の食文化が継承されているのです。

丼ならではの特性が、その背景に息づいているのです。

この丼もの、食べやすいあまりにドカ食いしてしまい、カロリー過多な料理というイメージを持たれがちです。

ダイエット中に食べるなんてとんでもない!と思っていませんか?

けれども、栄養価の面からみてみると意外なことがわかります。

人の活動源となり体を構成する大切な栄養素にProtein(たんぱく質)、Fat(脂質)、Carbohydrates(炭水化物)があり、

これらの栄養素がどのような割合で含まれているかを示したものをP:F:C比率といいます。

人が生きていく上で望ましい摂取比率は、P(11~13%):F(20~25%):C(55~69%)とされていますが、

実は丼もの、このP:F:C比率がよいのです。

昔の人が、忙しいお昼時でもしっかり食べて元気に働けるように、主食・主菜・副菜をひとつの丼にまとめ、

手軽においしく食べられるという発想から工夫された丼ものは、経験と知恵から体にいいものになっているのです。

一品で栄養バランスよく摂れ、しかもお腹もちもいいとくれば、ダイエット中にもぜひ取り入れたい料理です。

ここで忘れてならないのは、丼ものを食べる時には小鉢と汁物をつけること!

酢の物やお漬物とお味噌汁をつけることにより、P:F:C比率はさらに理想に近づき、

脂質が高めのカツ丼や天丼、牛丼の比率もよくなります。

そして、お酢の酢酸が体内でクエン酸に変わり疲労回復効果をもたらし、発酵食品であるお漬物は整腸効果も期待できます。

輸入牛肉の解禁で牛丼復活の知らせに心躍らせている男性陣も多いと思います。

牛丼は他の丼ものに比べてのせる具の種類が少なく、摂取できる栄養素も少なめです。

けれども、牛肉には人の味覚に関与するといわれている亜鉛が多くとれる貴重な丼です。

牛丼単品で食べるのではなく、小鉢やサラダ、お漬物、お味噌汁をつけてセットにして食べましょう。



千葉県の厳選した素材を使用した鶏肉専門店こだわりの親子丼!!【0511SALE】『水郷どり』と『...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント