FC2ブログ

コンビニ食ダイエット

ダイエットを成功させるためには、カロリーを減らし、栄養バランスのよい食事をすればいい・・・。

わかっているけれど「お昼はコンビニ食になるから」と、諦めている人が多いのではないでしょうか。

ところがコンビニ食でも、工夫次第でダイエットは可能です。

コンビニでは、季節限定や新製品がドアを開けると、目に飛び込むように置かれています。

ここで立ち止まらず、まずはお店の奥まで進んでみましょう。

コンビニで売っているものは、全てが「ダイエットの敵」ではありません。

例えば、「半分残せばいい」と思っていても、スナック菓子の大袋を空けてしまったら、結局食べきってしまうのが人の弱いところ。

最初から少量のものを買えば、そんな心配はなくなります。

コンビニで売っているものは、たいてい小分けされたものが多いので、こうしたものを賢く利用しましょう。

もう一つのメリットは、コンビニで売られている食品のほとんどには、カロリーや栄養成分が表示されていること。

自分の摂取カロリーを覚えておき、「今日は摂取カロリーの内、○○カロリー分しか買わない」と決めておけば、カロリーオーバーが防げます。

1人でコンビニに行くと、誘惑にまけてデザートやお菓子まで買ってしまい、結果たくさん食べてしまうことありませんか?

そこでまず、近しい仲間、それもなるべく食事を一緒に食べる人に、「ダイエット宣言」をしましょう。

そして昼食を買う時は、その仲間と行くこと。「ダイエット宣言」をした手前、

「こんなに食べるの?」なんて思われたくない一心から、買い過ぎを防ぐ意識が働きます。

「これが低カロリーで満足感があるダイエットメニューだよ!」と、自分が選んだものを勧めて、

友達をダイエットに巻き込んでしまうのもアリかもしれません。

また、お腹がすいた状態で昼食を買う場合は注意してください。空腹につれられて、多めに買い込みやすくなります。

そんな時はレジに持っていく前に、カロリーをチェックするなどして、気持ちにストップをかけましょう。

基本的に、メインディッシュに野菜サラダ(海草がふんだんなものがベスト)と

スープ、デザートにはヨーグルト類を選ぶのがよいでしょう。

また、冷やし中華やサラダうどんといった、野菜類が多い麺類のバリエーション豊かなのもコンビニの特徴。

海藻類や錦糸卵で彩り豊かなものを選びましょう。

でも、今日はどうしてもカップラーメンが食べたい!という日は、スープを飲み干さないとか、

ふやけてしまった麺は残すというような習慣を身につけて。

コンビニ弁当を選ぶのであれば、常にご飯の量を視覚のどこかに留めていてください。

ご飯が占める割合が、容器全体の1/4なのがベストなご飯の量(五穀米であればなお良し)。

そして、3/4の部分にはおかず、それもできるだけ多品なものを選びましょう。

さらにお味噌汁やスープをつければOK。

春雨入りスープやポトフなどは、満足感がさらに得られます。

避けたいのは、7割がご飯で残りの3割に揚げ物と焼き魚のみといったお弁当。

炭水化物や油分が多いので、太りやすいものばかりです。

コンビニ食の場合は、選べる範囲で組み合わせ、品目を増やすとよいでしょう。

視覚的にも満足度が大きくなります。4品くらいあれば、十分満足できませんか。

品目を増やす他にも、日ごとにバリエーションをつけるのもひとつの方法です。
例えば平日のうち3日間コンビニランチだとしたら、

和食・中華・イタリアンと毎日同じものにならないようにするのも楽しみが広がります。

最近では、ここ数年で定着した韓国料理が、コンビニ食でも人気メニューになっています。

韓流コンビニランチは、野菜がふんだんに使われているので、積極的に食事に摂りいれたいですね。



【シャキシャキ】ごぼうサラダ 1000ggourmet0531
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント