FC2ブログ

そうめんダイエット

「そうめん」はさっぱりと食べやすい食材。

中には、「その上ローカロリーだから」と、ダイエット目的で食べている人もいるでしょう。

ですがそうめんを食べてダイエットした人のほとんどは、効果が出た一方で

「やつれた」「力が出ない」といった悩みが尽きないそう。

そこで今回は「そうめんダイエット」をヘルシーに成功させる方法を紹介します。

微量ではありますが、麺類はご飯よりもビタミン類、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。

中でも脂質や糖質の代謝を促進するビタミンB群が望めるので、ダイエットしたいけれど炭水化物が食べたい!というのなら、

ご飯よりも断然「そうめん」がオススメ。

さらりと食べられ、水分で満腹感を得やすいところもダイエット向きと言えるでしょう。

そうめんダイエットの落とし穴は、栄養が偏りがちになること。

この結果、夏バテになってしまうのです。夏場は熱い陽射しにあたって体力を消耗しやすいので、

エネルギー代謝を助けるビタミンB群やCを他の季節よりも積極的に摂らなければいけません。

そうめんを食べる時は、単品ではなく、副菜やデザートもプラスした献立を常に考えましょう。

果物を食べることでビタミンCが補給でき、日焼けによるシミ・そばかすへの効果が期待できます。

一番オススメしたいのが、そうめん+具というメニュー。

ダイエットを長続きさせる秘訣は、たくさん食べ(もちろん栄養をまんべんなく摂るのが前提!)、楽しむこと。

その点、そうめんは具と組み合わせことで栄養バランスもよくなり、バリエーションが豊かになるので、

飽きることもなく我慢から生じるストレスもありません。

例えば、冷やし中華風やきゅうりやわかめ、鶏のささみ、錦糸卵など具沢山の五目そうめん。

またかき揚げや素揚げ野菜をのせて食べるのも腹持ちがよくてオススメです。

具、それも揚げ物をのせるのは高カロリーになるので逆効果ではと思うかもしれませんが、

油はお腹もちをよくする作用があるので間食防止に役立ちます。

それに油の深みで味わい深くなり、満足感も得られます。

極端なダイエットでやつれないようにするには、3段階の期間を設け、そうめんの量や副菜を工夫してみるというやり方もあります。

献立作成のポイントは、

エネルギー量を設定

一般的な量で献立を組み合わせる

初期や長期のダイエット献立として、そうめんの量を加減

そうめんにあう低カロリーの野菜や海藻類、魚類などの具材を考える

果物も忘れずに

といった感じです。

カロリーの調節は、魚の場合は脂質が多いか少ないかの視点で選ぶ、

野菜は蒸す、焼く、揚げる、など調理方法を使い分けるといった具合に考えると簡単です。

ただ漠然としたダイエットではなく、炭水化物量に注目して主食の量を管理するなどの具体的対策が、

「そうめんダイエット」成功への近道です。



【メール便でお届け】三輪そうめん山本の手延べ素麺(そうめん)人気3セット【ご本人様送り限定...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント