FC2ブログ

ダイエットにながら食いがダメな理由

そもそも食事というのは、エネルギーを補充するためにとるものですが、エネルギーが足りてるかどうか、

満腹感があるかどうかを判断するのは、お腹ではなく、脳です。

もちろん、お腹の膨らみ具合も、脳の判断基準のひとつではありますが、

脳はそれ以外にも、目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、

満腹感や食事による快楽を得ます。

せっかく食べてても、テレビや映画を見ながら、何かをしながらの食事だと、お腹は膨らんでも、

目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、脳が感じる満腹感が半減しちゃうんです。

同じ量を食べても、脳が満足してくれず、またすぐにお腹がすいちゃうっていう、

ダイエット的には最悪な結果になります。

でも逆に言えば、食事の時は食事だけをするようにして、しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、

脳が感じる満腹感がアップして、間食したい!っていう欲求がわきにくくなるってことになります。

もちろん、いくら食事に集中するといっても、会話もしちゃダメってことじゃないですよ。

みんなで楽しく食事をするのは大切なことです。食事に集中するというよりは、「食事をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。

たとえばテレビを見てる時、どうせなら「ながら食い」ではなく、「ながら運動」をするといいでしょう。

ダンベル運動をやってみたり、踏み台昇降をやってみたり、座った状態で太ももと太ももの間にクッションを挟んで落とさないようにしてみたり。

たとえばCMの間だけとか時間を決めて、お腹やお尻にグッと力を入れてみるのもいいでしょう。

ながら食いの習慣が、ながら運動の習慣に生まれ変われば、ダイエット的にこんな最高のことはありません。

無駄な摂取カロリーが抑えられて、意味のある消費カロリーが増えて、筋肉も増やすことができるわけですから。

ついつい間食しちゃう人。ぜひ、このながら運動で、ダイエット成功への大きな一歩を踏み出してください。



期間限定【レビューを書いて送料無料!】骨盤&太ももすっきりクッション(ピンク)6種類の骨盤...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント