FC2ブログ

ダイエット中の最初の一口は汁物に

ダイエットのためのカロリーコントロールをきちんと実行するためには、食べ過ぎないようにするコツがあります。

いただきます!といってハシを持って、最初の一口はまず汁物を飲むようにします。

たったこれだけで、食べ過ぎ防止のダイエット効果があるんです。

お腹が空いてる時、脳では交感神経という神経が高ぶっていて、

「食べたい!食べたい!さぁ食べよう!」という信号を出しています。

そして食事が終わって満腹になると、今度は副交感神経という神経が「食った、食った~」という信号を出して

リラックスして落ち着いた状態になります。

これらの交感神経と副交感神経は、温度変化に影響を受けやすいといわれています。

つまり食事の一口目に味噌汁やスープなどのあたたかい汁物を口にすることで、

交感神経の高ぶりを抑えて、副交感神経を刺激することができます。

食事の時以外でも、たとえばあたたかいお茶を飲むと、

「はぁ~」とリラックスした状態になりますよね?

あれと同じことで、食事の最初にあたたかい汁物を飲むことで、

食べたい食べたいと興奮している交感神経を落ち着かせて、食べすぎを防ぐことができるんです。

最初に汁物をとることで、単純にお腹が膨れて、満腹感を得ることもできます。

食事のメニューには、ぜひ味噌汁やスープなどの汁物を取り入れてください



送料無料!レトルト宍道湖産大和しじみ(シジミ)味噌汁15食が衝撃!お試し価格でご賞味いただ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント