FC2ブログ

ダイエット中のレトルト食品の食べ方

温めて食べるだけのお手軽レトルト食品。

ダイエット的にはどのような食べ方をすればより効果があるのでしょうか。

ここではよりダイエットに効果的なレトルト食品の食べ方をご紹介します。

レトルトカレーは、白米、パン、ナンなどと一緒に食べます。

ダイエッターにはその中でも発芽玄米や五穀米などがオススメです。

発芽玄米は白米よりもGI値が低く栄養も豊富なので、ダイエッターにぴったり。

五穀米は歯ごたえがあるので、よく噛むことによって少量で満足感を得られます。

食べる際に、付け合わせで利尿作用のあるらっきょうや整腸作用のあるピクルスを加えると、

さらにダイエット効果が高まるでしょう。

おかゆは噛みごたえが少なく、満腹感を得られないまま食べ終わえてしまいがち。

そんな、おかゆのお腹の満足度を高めるためには、時間をかけてゆっくりと噛みながら食べることが大切です。

そして、噛みごたえを増やすために低カロリーの食材をプラスしましょう。

三つ葉、ほうれん草、大根などはおかゆと相性がよくビタミン類も豊富に含んでいます。

栄養をそのまま吸収できる、生のレタスやキャベツのトッピングもおかゆによく合います。

細かく切ったこんにゃくを加えれば弾力のある歯ごたえが楽しめます。

おかゆ、雑炊、スープ類などの汁物インスタント食品を食べるときに、にがりやお酢を少量加えてみましょう。

にがりには、たんぱく質や糖質の代謝を良くすると言われている塩化マグネシウムと、

人間の体を作るために必要なミネラルが多く含まれています。

お酢には人間の体を作るアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれており、代謝を促進させる働きがあります。

両方とも栄養価の高い万能食品で、少量たらすだけで私たちに必要な分量を手軽にとれます。

ただし、たくさんの量を加えると味が変わってしまったり、お腹がゆるくなることがあるので注意しましょう。



天然ミネラル、補ってますか?沖縄久米島産海洋深層水100%天然にがり にがり612【55ml】 【あ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント